【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4月26日からスタート−地どれ海幸丼フェア

本紙掲載日:2019-04-25
3面
地どれ海幸丼をPRする民宿紺碧の甲斐さん(写真左)と、料理処丸金の睚燭気

うみうららエリア、6月30日まで−延岡市

 延岡市のうみウララエリア(北浦、南浦、島野浦)の食資源を活用した「うみウララ地どれ海幸丼」フェアが、4月26日からスタートする。同地域の飲食店7店舗が参加。地元の新鮮な海産物をふんだんに使った豪快な〃丼〃が味わえる。6月30日まで。要予約。

 地元の豊富で優れた農水産資源を生かした料理で多くの観光客を呼び込み、地域の活性化につなげていこうと、ひむか遊パークうみウララ推進委員会(委員長・松比良嘉樹道の駅北浦副支配人)の主催で昨年初開催し、今回が2回目。

 海幸丼は、各店の料理人が、その日仕入れた新鮮な魚介類などを使い、調理法から、主役の丼を引き立てるしょうゆやつけだれにまでこだわるなど、各店の特色を出した品ぞろい。汁物や小鉢1〜2品を付けて、1500〜1800円(税込み)で提供する。

 延岡市須美江町の民宿紺碧の甲斐宏明さん(35)と、同北浦町市振の料理処丸金の睚新鮴い気鵝複械粥砲錬横監、延岡市役所を訪れ、読谷山洋司市長にフェアの開催報告とPRを依頼するとともに、海幸丼を披露した。

 甲斐さんは、タイやカマス、アジ、地ダコなど7種類の魚介を基本とした丼に、しょうゆにごま油などを加えたタレで、ユッケ風の味と素材のプリプリ感を味わえる点などを説明。

 睚燭気鵑蓮皮に焼き目を入れたメジナやタイにサザエのつぼ焼きを添え、甘口とアオサ入りたまりの2種類のしょうゆで違った味を楽しむ工夫や、その日の仕入れで良いネタを選ぶ点などをPRしていた。

 試食した読谷山市長は「魚が新鮮でおいしい」と感想を述べ、「地元の食材を使った取り組みは大変すばらしい。市としてもPRしたい」と話していた。市観光戦略課によると、昨年の提供数は663食で、今回は1000食が目標という。甲斐さんと睚燭気鵑蓮崑燭の人に地域に来てもらい、海幸丼を食べてほしい」と話していた。

 問い合わせ、予約は各店へ。参加店と連絡先は次の通り。

潮香ノ宿睚寝亜疔民債古江(電話延岡45・3191)▽料理処丸金=同市振(電話延岡45・2067)▽お食事処さとう=同古江(電話延岡45・2077)▽民宿・お食事処臨港=同市振(電話延岡45・3571)▽民宿紺碧=須美江町(電話延岡43・0211)▽板前のまかない料理旬肴=熊野江町(電話延岡43・0020)▽道の駅北浦レストラン海幸館=北浦町古江(電話延岡45・3811)

その他の記事/過去の記事
page-top