【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

星雲VS延岡−選手ら気迫のプレー

本紙掲載日:2019-04-26
9面
プレーに夢中になる延岡星雲高の生徒たち
逆転に盛り上がる延岡高の生徒たち
延岡星雲高は2回、松井の左中間二塁打で1走河野孝が一気に生還。1点目を挙げる

普通科高校野球定期戦

◆全校生徒が大声援

 延岡市内の普通科高校2校による野球定期戦は25日、延岡市西階球場であった。選手は全校生徒の大声援を受けながら、学校プライドをかけ、はつらつとしたプレーを披露した。

 延岡高(宮野原章史校長、739人)と延岡星雲高(藤本格校長、583人)の恒例行事。愛校心を育むことなどを狙いとしており、16回目。

 延岡星雲高の謀超粛桓臂が「自分たちの持っている全ての力を発揮し、この球場にいる皆さんに元気、勇気、感動を与える」と選手宣誓し、プレイボール。生徒は1球1球に集中し、何か起こるたび歓声と悲鳴。選手は気迫を全面に出して勝利を目指した。

 試合は延岡星雲高が20―2の大勝、4連覇を達成した。二回に4番高田浩之、7番松井陸郁、2番金子大悟、3番謀弔裡漢手が適時打を放つなど一挙9得点。その後も攻撃の手を緩めず初回以降は毎回得点した。延岡高は三回、1番松本颯生選手、2番中田太市選手の連続適時打で一時逆転したが、投手陣が踏ん張れなかった。

 閉会式で両校の生徒会長があいさつ。延岡高の瀬戸勇貴さん(メディカル・サイエンス=MS=科3年)は「定期戦という一つの伝統が新しい時代になって続いていくことを願っている」。延岡星雲高の櫻川奈央さん(フロンティア科3年)は「定期戦はたくさんの人たちのおかげで開催できている。それを忘れずに今後も続けていけたら」と話した。


◆「一致団結して応援できた」−延岡星雲高

 一塁側の延岡星雲高スタンドでは、吹奏楽部の演奏に合わせた迫力のある応援が続いた。

 学生服に身を包み声を張り上げた応援団は、ラグビー部員と3年生有志の男女49人。安打が出るたびに「ナイスバッティング!」と大きな声。団員はのけ反るポーズを取り、スタンドをさらに鼓舞した。


◆三回の逆転に最高潮の盛り上がり−延岡高

 「歴代に負けない応援ができた」と応援団長の中村祐稀さん(MS科3年)。日ごろは硬式テニス部をまとめる主将が定期戦の団長に立候補。23人の応援団で最高のパフォーマンスを発揮した。

 試験などが重なり、まともに練習ができたのは約1週間。吹奏楽部と合わせたのも一度だけだったが、当日午前中の練習で全校生徒の士気を高めて臨んだ。

 三回の逆転に応援も最高潮。「3年間で初めて星雲高をリードした」と喜び、その後も「選手を鼓舞する」と率先して声を出した。

 中村さんは「最後まで一生懸命プレーしてくれた選手、全校生徒に感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。


 団長の小長谷光さん(普通科3年)は「最初は戸惑うことも多くまとめるのがつらかったが、一致団結して応援することができて良かった。いい思い出になった」と感想。「日ごろは見られない姿をたくさん見ることができた。かっこ良かった」と躍動するナインに賛辞を贈っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top