【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「令和」幕開けを祝う

本紙掲載日:2019-05-01
3面
国見ケ丘では神楽が奉納された

天孫降臨の地高千穂−国見ケ丘で神楽奉納パレード

 天孫降臨の地とされる高千穂町で1日、同町と高千穂神社が「践祚(せんそ)改元奉祝祭」を開き、新元号「令和」初日を祝った。

 新元号初日のご来光見学があり、同町押方の国見ケ丘(標高513メートル)には、午前5時すぎに観光客や地元の人たちが集まった。

 国見ケ丘からの日の出は、雲がかかって見られなかったが、押方五ケ村地区の神楽保存会(藤康隆会長)が神楽「手力」「戸取」を奉納。興梠則夫さん(73)=同町田原=が高千穂発祥の「正調刈干切唄」を披露した。

 甲斐宗之町長が「高千穂町が天孫降臨の地であることをさらに発信していきたい」とあいさつ。参加者にはしし汁が振る舞われ、それぞれ食べながら「令和」の幕開けを喜んだ。

 同10時からは三田井の高千穂神社で奉祝祭。後藤俊彦宮司が祝詞を奏上。高千穂三田井地区神楽保存会が神楽「住吉」を奉納した。

 その後、みこしや神楽隊などが同神社から令和の典拠となった万葉集に最も多く和歌が残る大友家持の歌碑がある「高天原(風土記万葉の丘)」まで歩道をパレード。高天原で万歳三唱し、新時代の始まりを祝い、希望あふれる時代になることを願った。

その他の記事/過去の記事
page-top