【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

GGN−旭化成勢活躍、沸くファン

本紙掲載日:2019-05-06
1面
カクテル光線が照らすトラックを駆ける男子1万メートルの選手たち(4日午後、西階陸上競技場)

カクテル光線浴び激走

 陸上中長距離の祭典「第30回ゴールデンゲームズinのべおか」(GGN)は4日、延岡市西階陸上競技場であった。令和最初で30回という節目の大会は天候にも恵まれ、主催者によると約2万7000人が来場。30回記念種目の小中高生リレーや地元旭化成勢の優勝など数々のシーンで歓声が湧き起こり、最後まで盛り上がった。主催は宮崎陸上競技協会と実行委員会。主管は同市陸上競技協会。(3、8、9面に関連記事)

 大会は13種目34レースの予定だったが、グランプリ種目の女子1500メートルが1レースとなったため33レースを実施。小学生から実業団選手まで約700人が出走した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)獲得者もおり、自己ベスト更新や上位入賞、日本選手権や世界選手権の参加標準記録突破を狙って熱い戦いを繰り広げた。

 注目の男子1万メートルはMGCの設楽悠太選手(Honda)が好記録で優勝。2位は旭化成の市田孝選手で日本選手権の参加標準記録を突破した。最終レースの男子5000メートルAでは旭化成の鎧坂哲哉選手がトップゴールし、会場に訪れた多くのファンを熱狂させた。

 大会ではまた、30回記念イベントとして君原健二さんら長距離界の〃レジェンド〃と交流する時間も設けられ、来場者はサインや記念撮影をお願いするなどして特別なひとときを楽しんだ。

 旭化成の宗猛総監督は「今大会の前半は気温が高くて心配したが、日が傾くにつれて気温が少しずつ下がってそこそこ記録が出たと感じた。ただ、湿度があって蒸し暑かった分、レース終盤でのタイムの伸びにつながらなかったようだ。今年は昨年よりも多くの人が訪れ、見応えのあるレースが見られた」と総括した。

その他の記事/過去の記事
page-top