【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

土呂久住民ら検診始まる

本紙掲載日:2019-05-27
2面
土呂久地区の住民らを対象にした健康観察検診

公害被害の地域指定で実施−高千穂

 高千穂町岩戸の土呂久地区にあった旧土呂久鉱山操業時の居住者らを対象とする健康観察検診が17日から、同町の県高千穂保健所で始まった。

 同地区は、法律に基づき、鉱山の操業による公害健康被害(慢性ヒ素中毒症)の地域指定を受けている。検診は、鉱山操業時の居住者や現在の居住者らの健康管理が目的。1973年以降、県が「大検診」と「第2次検診」を交互に実施している。

 今年は第2次検診の年で、昨年度の大検診で健康状態の経過を見ることが必要とされた人が対象。この日は呼吸機能検査や採血、胸部レントゲン、保健師らによる問診などの臨床検査が行われ、事前に通知を受けた51人のうち県内在住の42人が受診した。

 今後、神経内科診査(6月8日)、内科・呼吸器科・皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科診査(7月6、7日)を実施。検診結果により、慢性ヒ素中毒の認定要件となる皮膚の色素異常や角化、多発性神経炎などが認められた場合、医師らでつくる公害健康被害認定審査会の意見を踏まえて認定するかどうかを判断する。

 県によると、慢性ヒ素中毒症の認定患者は昨年度新たに認定された2人を含む207人。うち存命の人は48人、平均年齢は82歳となっている。

その他の記事/過去の記事
page-top