【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域と国の懸け橋に−

本紙掲載日:2019-06-04
3面
河川情報モニターに委嘱された皆さん

河川情報モニターを委嘱−国交省

◆五ケ瀬川水系の9人

 2019年度河川情報モニター委嘱式と第1回モニター会議が3日、国交省延岡河川国道事務所であり、同省が管理する五ケ瀬川、大瀬川、北川、祝子川の直轄区間6地区の9人に田浦峰星所長が委嘱状を交付した。

 モニターの任期は1年で、「住民の視点でモニタリングを行い改善案の検討を行う」「地域住民への河川防災意識の普及啓発」などが主な任務。

 田浦所長が吉本興一さんらモニター一人一人に委嘱状を手渡した後、九州豪雨や関東・東北豪雨の被災状況を示し「五ケ瀬川水系でもいつ災害が起こるか分からない。当事務所でも協議会を立ち上げ、ハード、ソフト両面から対策を検討している。モニターの皆さんには、地域と河川を管理するわれわれとの懸け橋として、防災講座の開催や情報発信などを引き続きお願いしたい」とあいさつした。

 委嘱式後、モニター会議を開き、モニターと河川管理者の連絡体制などを確認した。

 モニター制度は、同省九州地方整備局管内の直轄20河川で2008年度に創設。6〜9月の出水期は、水位や雨量、河川情報、洪水予報、避難情報など河川に関する防災情報を、10〜5月の非出水期は、河川愛護や管理など日常的な情報を住民の立場でモニタリング。台風など出水時に自宅周辺の浸水被害状況を同事務所に連絡したり、各種課題の改善策を検討する――などが主な任務。

 モニターは次の通り。

岡富地区(五ケ瀬川)=吉本興市、亀山勉、植田恒雄▽南方地区(同)=柳田隆憲▽恒富地区(大瀬川)=山口美三雄、甲斐善一▽西階地区(同)=村上友久▽東海地区(北川)=吉田敏春▽祝子地区(祝子川)=福良誠一。

その他の記事/過去の記事
page-top