【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ヒラメ、マダイの稚魚放流

本紙掲載日:2019-06-22
2面
放流用の滑り台を使って稚魚を放流する児童

熊野江小児童−「大きく育って」−延岡

 延岡市熊野江町の県水産振興協会(岩田末幸理事長)は18日、地元の熊野江小学校(雕衆貪姐残后■隠蛙諭砲了童を招き、ヒラメとマダイの稚魚を放流した。

 栽培漁業の役割や水産業の現状を知り、命の大切さ、地域の自然への理解を深めてもらおうと、毎年この時期に実施。同協会の職員や児童ら約30人が参加した。

 熊野江港に集まった児童を前に、同協会の西府稔也事務局長が「施設では8種類200万匹の魚が育てられ、県内の海に放流される。みんなと同じ〃くまのえっこ〃が宮崎の海を元気にしている。ぜひ応援してあげて」とあいさつ。

 児童は、協会で生産された体長7センチほどのヒラメと、体長13センチほどのマダイ100匹ずつをバケツに小分けにしてもらい、「大きく育ってね」と声を掛けながら、放流用の滑り台から海へと送り出した。

 4月に県外から引っ越してきた6年生の中川永理さんは、初めての放流体験だったといい、「魚を見るのが好きなので、バケツに入れて放流する作業はとても楽しかった」とお礼の言葉を述べた。

 この日は、同協会の施設も見学し、採卵目的で飼育しているカンパチの親魚、県内での放流を控えたヒラメの稚魚などに目を輝かせていた。

その他の記事/過去の記事
page-top