【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

戦争の怖さ知る

本紙掲載日:2019-06-27
7面
平和の大切さについて学ぶ港小の児童

港小で平和学習

 延岡市の港小学校(中野哲洋校長、28人)は25日、延岡市東海町の同校で平和学習を開いた。FMのべおかの坂本光三郎局長が太平洋戦争中の子どもたちの様子や延岡大空襲について講話。児童は戦争の悲惨さ、平和の尊さなどについて考えた。

 木刀を使って訓練する少年や機関銃の使い方を学ぶ女子高生、エンジン音で戦闘機の種類を当てる授業があったことなどを、当時の写真や映像を使って紹介。「戦争が怖いのは、子どもや女性も巻き込むこと。戦争をしないことが一番なのに、勝たないといけない気持ちになってしまう」と話した。

 米軍が大量に投下した焼夷(しょうい)弾は、木製で燃えやすい日本の家屋を破壊するのに効果的で、開発費用も圧倒的に安かった。「戦争で技術が進むと効率的に相手をやっつけることを考えるようになり、どんどん間違った方向に進んで行く。同じ過ちを繰り返さないために、歴史を学んで」と呼び掛けた。

 6年の美村翔矢さんは「戦争は二度と起こしてはいけない。家でも平和の大切さを伝えたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top