【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

今季は3冠「大吟醸千徳」

本紙掲載日:2019-07-12
4面
二つの表彰状と「大吟醸千徳」を手にする、右から甲斐生剛副杜氏、杜氏の門田社長、杜氏見習いの門田優希さん

千徳酒造(延岡)に表彰状届−全国新酒鑑評会など

 5月に行われた、第107回全国新酒鑑評会で金賞に輝いた、延岡市大瀬町の千徳酒造(門田賢士社長)に8日、主催者(独立行政法人酒類総合研究所・日本酒造組合中央会)から表彰状が届いた。表彰状は2種類あり、大きい方が日本語で書かれており、今回から門田社長の名前が、杜氏(とうじ)として記入されている。もう一つは英文の表彰状で、金文字で「GOLDPRIZE」と大きく書かれている。こちらを店頭に表示することで、近年増えている海外の日本酒ファンへのPR効果もできるという。

 出品された同社の看板商品「大吟醸千徳」は、全国新酒鑑評会では通算6度目の金賞で、4月にあった熊本国税局の鑑評会と合わせて4度目のダブル受賞。

 さらに、今年初めて出品した、2019年度全米日本酒歓評会(6月・ハワイ州ホノルル市)の「大吟醸A(精米歩合40以下の部)」でも金賞に輝き、今季合わせて3冠目となった。

 昨年の全国新酒鑑評会では惜しくも連続金賞を逃したが、今年は見事に返り咲きを果たした。門田社長は「作り手としては本当にうれしいことで、社員の自信にもつながります。何でもないことを変わらずに守り続け、これからもおいしいお酒を造り続けたい。幸いスタッフにも恵まれ、先代からの教えを忠実に守ってくれています」と目を細めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top