【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

オペラの魅力感じて

本紙掲載日:2019-07-18
6面
草川小学校で開かれた「ひむかオペラの会」のスクールコンサート
最後は全員で「ビリーブ」を合唱

草川小でコンサート

 オペラの魅力を感じてもらおうと県北出身、在住の声楽家らでつくる「ひむかオペラの会」(後藤紀子会長)は12日、門川町の草川小学校(平田哲校長)でスクールコンサートを開き、6年生49人が優美なオペラの世界に触れた。

 ソリスト6人とピアニスト2人が出演。ソリストたちが「世界に一つだけの花」を歌いながら音楽室に入場すると、待っていた児童たちは、そのハーモニーの美しさと声量に、しばらくあっけに取られていた。

 國友響子さん(ソプラノ)と米良利恵子さん(同)は、同校の男性職員2人を相手役に、恋の駆け引きを描いたオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」(モーツァルト作曲)から二重唱「どちらかといえば黒髪の彼のほう」を軽快に歌った。積極的にアプローチする女性たちと、たじたじになる男性たちのコミカルなやり取りに笑いが起きた。

 後藤紀子さん(ソプラノ)と山川有希子さん(同)は来月11日に延岡市、同18日に宮崎市で上演されるオペラ「ラ・ボエーム」(プッチーニ作曲)からアリア「私の名はミミ」とアリア「私が街を歩けば」をそれぞれ披露。ロマンチックな音楽に乗せ、情感豊かに歌い、引き付けた。また「作品では(山川さんが演じる)ムゼッタの登場の仕方がとにかくすごい。ぜひ本番、会場に見に来てほしい」と児童たちに呼び掛けた。

 柳田啓志さん(テノール)による発声指導もあり、最後はソリストも一緒に全員で「ビリーブ」を合唱。児童たちの澄んだ歌声にソリストたちも感動していた。

 6年1組の谷川洸亮さんは「ソリストの皆さんの歌声が、大きいだけじゃなくてきれいで、教室中に響いていてすごいと思った」と話した。

 同会は草川小学校のほか、同様のスクールコンサートを7月2日に日向市の大王谷学園で開いており、19日は延岡市の岡富小学校でも予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top