【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伊達バレエ72年の歩み

本紙掲載日:2019-07-20
7面
ギャラリー&アトリエおがわで開かれている「伊達バレエ72年の歩み」写真展

ギャラリーおがわで写真展

 日向市で創立した伊達バレエ団・バレエスクール(伊達由伺子主宰)の歴史を振り返る「伊達バレエ72年の歩み」写真展が、同市財光寺の「ギャラリー&アトリエおがわ」(小川千登美代表)で開かれている。無料。8月30日まで。

 戦後復興期の1947(昭和22)年4月、伊達主宰の母小夜子さん(故人)が創立。現在は日向、延岡、宮崎市に計4教室があり約200人がレッスンに励んでいる。

 店内には昨年11月に創立の地で開いた創立70周年記念バレエフェスティバル「アニバーサリーコンサートin日向」をはじめ、節目の公演の写真など約35点を展示。創立者の小夜子さんが指導する様子や同スクール出身で演出・振付家としても活躍するプリンシパルダンサー西島数博さん(伊達主宰の長男)のパフォーマンスの写真も。ほかに、伊達主宰や同スクールを紹介する新聞記事なども展示している。

 伊達主宰は「創設当時を振り返り、新たに出発する気持ちを込めて写真展を計画した。日向市で誕生した伊達バレエの足跡を多くの皆さんにご覧いただきたい」と呼び掛け、会期中の毎週月曜日午後1〜5時に会場にいる予定という。

 営業時間は午後1〜6時。会期中は日曜日が休み。

その他の記事/過去の記事
page-top