【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

田中病院、31回目の全国へ

本紙掲載日:2019-07-20
8面
優勝の田中病院(提供写真)

天皇賜杯第74回全日本大会ENEOSトーナメント


 一般軟式野球の「天皇賜杯第74回全日本大会ENEOSトーナメント」県予選会の最終日は7日、日向市のお倉ケ浜総合公園野球場で決勝が行われ、田中病院(日向支部)が吉田病院(延岡支部)を5―1で破って優勝。7年連続31回目の全国大会(9月13日〜、長野県)を決めた。

 予選には、県内7支部のAクラス登録の19チームが出場。開幕した6月29日に1、2回戦を消化し、今月6日に準々決勝と決勝を実施していた。

 田中病院は準々決勝までの3試合、投手陣が完封し快勝。準決勝は九回に本田将大の適時打など4点を奪い一気に突き放した。決勝は1―1の七回に岩切亮太の2点左前打でリードを奪い、九回にも2点を加えて勝利。四回から登板した柳田亨が九回までを無失点に抑え、流れを呼び込んだ。

▽1回戦
東海軍団(延岡)     1000002−3
エーコープみやざき(宮崎)2000000−2

ボンバーズ(宮崎)    0000000−0
吉田病院(延岡)     110100×−3

ツカサレインボー(都城) 00000−0
田中病院(日向)     30004−7(五回コールド)

▽2回戦
東海軍団         1030001−5
グランド・コア(小林)  0000100−1

吉田病院         1011400−7
晃正野球クラブ(日南)  0100000−1

JA共済連宮崎(宮崎)  0000000−0
田中病院         110112×−6

JAはまゆう(日南)   0103000−4
次照光クラブ(延岡)   0000000−0

王子製紙(日南)     2200001− 5
延岡信用金庫(延岡)   008002×−10

▽準々決勝
東海軍団         000010622−11
スマイル(都城)     000020010− 3

JAはまゆう       0000000−0
田中病院         142001×−8(七回コールド)

延岡信用金庫       000030010−4
宮崎サニクリーン(宮崎) 00300302×−8
(準々決勝の吉田病院―西都クラブは吉田病院の不戦勝)

▽準決勝
吉田病院         020000000−2
東海軍団         000010000−1

田中病院         110010004−7
宮崎サニクリーン     000100200−3

▽決勝
田中病院         000100202−5
吉田病院         010000000−1
▽二塁打=長友、佐竹(田)
[評]田中病院は四回、長友の左二塁打と上元の左前打で1点。七回は岩切が2点左前打。九回は中川、佐竹、本田の長短打などで差を広げた。吉田病院は二回、横山の中前打で先制。九回は渡辺の中前打などで1死一、二塁を作ったが、生かせなかった。


◇選手には感謝しかない−田中病院・直野祐介監督
「厳しい試合であったが、選手がよく戦ってくれた。プレッシャーがある中でそれをはねのけ、勝ちへの執念を見せてくれた。選手の成長を感じ取れた大会でもあった。選手には感謝しかない。全国大会では昨年は8強で負けているので、昨年以上の成績を残したい」

その他の記事/過去の記事
page-top