【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光、力付いた

本紙掲載日:2019-07-22
3面
千秋楽祝賀会で延岡後援会の稲田会長らと笑顔で話す琴恵光関
琴恵光関の最後の取組を見つめる正倫さん(左)と多美さん(左から2人目)

名古屋で千秋楽祝賀会

 大相撲名古屋場所の佐渡ケ嶽部屋の千秋楽祝賀会が21日、愛知県名古屋市の名古屋ガーデンパレスホテルで約300人が出席して、盛大に開催された。延岡後援会の稲田義美会長、甲斐泰文副会長、岩切隆宏事務局長も延岡から駆け付け、琴恵光関の9勝を祝福した。

 佐渡ケ嶽親方の謝辞、二藤部洋同部屋後援会会長はあいさつで琴恵光関の健闘をたたえた。

 琴恵光関は、会場で出席者との記念撮影やサインなど丁寧に応じていた。

 稲田会長は「幕内で立派にやっていける力は付いた」と来場所に期待した。

◆連続勝ち越し、褒めて上げたい−琴恵光関の両親

 琴恵光関の実家、山下町のちゃんこ松恵では21日、後援会の関係者と父正倫さん(55)と母多美さん(56)が千秋楽の取組を見守った。

 体重差が90キロ以上もある逸ノ城にはさすがに力負け。幕の内での二桁勝利はかなわなかった。

 それでも2場所連続での勝ち越しに、9勝を挙げたことに、正倫さんは「15日間良い相撲を見せてもらいました。逸ノ城はスケールが違うので押し出されましたが、大きい相手を慌てさせたり、左右に動いたりして勝機をつかむのは今後の課題。琴恵光も研究されていると思うが、そんな中で対戦相手に応じた、一つ上の相撲が取れたことは良かった。これからも一つ一つ自分の形を磨いて、今の位置を確立してもらえればいい」。

 多美さんは「4連敗した後、その反省を生かした7連勝。今場所は番付が上がったので厳しいと思っていましたが、2場所連続で勝ち越してくれたことは褒めてあげたい。たくさんの応援をいただいているのを本人も自覚しているので頑張ったんだと思います」と振り返った。

その他の記事/過去の記事
page-top