【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

女子ソフトボール、日向市で開幕

本紙掲載日:2019-07-29
3面
【1回戦・延岡学園―三国】延学は2回裏、7番黒木楓加が左翼越え二塁打で先取点、守備の乱れを突き自らも生還し2点目。捕手川原

インターハイ−延学、初戦突破

 全国高校総合体育大会「感動は無限大南部九州総体2019」の女子ソフトボール競技(第71回全日本高校女子ソフトボール選手権大会)が27日、日向市文化交流センターで開会式を行い開幕した。「響かせろ我(われ)らの魂南の空へ」のスローガンの下、大会は31日まで、同市のお倉ケ浜総合公園と大王谷運動公園を会場に、各都道府県予選を勝ち抜いてきた代表48校が〃令和最初〃の高校女子日本一を懸け熱戦を繰り広げている。大会期間中は、全国から関係者約2万人が訪れるという。

 開会式には、出場チームの選手や監督、役員、審判ら約2300人が出席。地元日向市の十屋幸平市長は「自信と誇りを持たれ、日ごろの練習の成果を発揮し、はつらつとしたプレーで熱い戦いを展開していただきたい」、日向高校3年の橋口景菜=ひろな=さん(県高校生活動推進委員会)は「日々の厳しい練習の中で感じた思いを一球一球に込め、努力してきた自分を信じ、正々堂々と試合に臨み、頂点を目指し最後まで諦めずに全力で戦い抜いてほしい。全国の舞台を感動で彩ってください」と歓迎の言葉を述べた。

 本県からは県代表の日南学園と開催県枠で県北から延岡学園が出場。延岡学園は28日、お倉ケ浜野球場での第2試合に登場、福井県代表の県立三国を3―1で下し初戦を突破した。29日、お倉ケ浜総合公園での第3試合で、昨年優勝の兵庫大学付属須磨ノ浦(兵庫)と対戦した。

その他の記事/過去の記事
page-top