【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

甲子園での活躍をサポート

本紙掲載日:2019-07-31
1面
富島高校野球部の特別後援会発足会議
選手たちへの支援を呼び掛ける黒木会長

富高高校特別後援会が発足

 第101回全国高校野球選手権大会に本県代表として出場する富島高校野球部の特別後援会が30日、発足した。初出場となる晴れの舞台で選手たちが力を発揮できるよう支援する。

 会の発足を前に、馬場隆校長が優勝報告を行い、「甲子園の舞台でもう一度、活躍させていただきたい。皆さまのご声援、ご支援をお借りし、選手の後押しができたらと思います」とあいさつした。

 会議では、河野俊嗣知事を名誉顧問、十屋市長を名誉会長、各自治体の首長を名誉副会長に選任。同校PTA顧問の黒木清さんを特別後援会会長に活動をしていくことを決めた。事務局は同校内に開設し、寄付金の目標は昨年春の選抜出場の際の額を参考に6000万円とした。

 十屋市長は、春の選抜を振り返り「悔しい思いを胸に頑張ってきた選手たちの素晴らしい試合を見させてもらった。市としても関係市町村、企業などと連携し、物心両面で支えていきたい」と話した。

 昨年の春の選抜時も後援会長を務めた黒木会長は「私たちは野球部の部員が思い切りプレーし、学校の生徒が思い切り応援するために物心で支えることが使命。春と比べ短期間なので相当頑張らなければならない。皆さんのご協力をお願いします」と呼び掛けた。

 霤津亟篤弔聾予選優勝までの力添えに感謝し、「昨年悔しい思いをし、一つ一つ積み重ねてきた。私たちは『一戦必勝』がモットー。万全の準備をしてきっちり勝つ野球をし、勇気と希望を与えるよう一生懸命頑張りたい」と決意を語った。


その他の記事/過去の記事
page-top