【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

挑戦、体験しよう

本紙掲載日:2019-07-31
7面
キッズえんぱくがスタート。ラジオDJに挑戦する小学生(FMのべおか)

キッズえんぱく始まる

◆11日まで−延岡市内で21プログラム

 夏休み中の子どもたちにさまざまな体験交流プログラムを提供する「キッズえんぱく」が、29日から延岡市内で始まった。8月11日までの期間中、食やものづくり、自然体験など21プログラムを通して、地域の魅力を満喫する。4日は大貫町のかわまち交流館、11日は幸町の延岡駅前複合施設エンクロスでイベントが集中開催される。

 延岡市を中心に地域を博覧会会場に見立てて平成22年から始まった「えんぱく」のキッズ版で、昨年に続き2回目の開催となった。

 このうち初日に行われた「目指せ!キッズDJ!」=新規プログラム=では、小学生3人がFMのべおかの生放送に出演。発声練習などを受けた後、15分間の番組で将来の夢などを元気よく話した。

 岩本賢太郎さん(日向市日知屋東小4年)は弟の航太郎さん(同1年)と参加し「緊張したけど、いろいろとしゃべることができて楽しかった」と笑顔。将来の夢は声優という和泉茉莉愛さん(延岡市南小5年)は「なかなかできない体験で、みんなとも仲良く話すことができた」と満足そうだった。

 4日のかわまち交流館では11プログラムが開催され、飲食の販売ブースも出店する。11日のエンクロスでは8プログラムが予定されており、アクセサリーの手作りなどを楽しめる。

 すべて原則として1週間前までに申し込む決まりだが、空き状況によっては当日参加が可能な場合もある。総合問い合わせ先は延岡商工会議所内の事務局(電話延岡20・0008、平日午前10時〜午後5時)。またはホームページから。

その他の記事/過去の記事
page-top