【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島高で壮行会−甲子園で1勝を誓う

本紙掲載日:2019-08-01
1面
第101回全国高校野球選手権大会に出場する富島高校の壮行会
応援練習を行う生徒ら
打撃練習を行う富島ナイン

生徒ら激励−ナインは2日出発

 第101回全国高校野球選手権大会に出場する富島高校野球部(霤津亟篤帖■苅舷諭砲料垤垈颪1日、同校体育館であった。夏休み期間中にもかかわらず、ほぼ全ての生徒約600人が登校し、野球部を激励した。選手らは2日甲子園へ出発する。

 県大会の優勝旗を手にした主将の松浦佑星選手をはじめ登録メンバーら21人は、生徒や教諭らに拍手で迎えられながら入場。ステージ前では、マネジャーを含む全部員が整列し、優勝を報告した。

 馬場隆校長は祝福の言葉に続き「県49チームの代表。県民107万人をはじめ出身者などの思いを受け止め、勇気と感動を与えられるよう、楽しむことを忘れず一生懸命プレーしてほしい」と激励。生徒会の黒木姫菜会長(3年)も「活躍を期待しています」とエールを贈った。

 選手を代表し、松浦主将は「優勝できたのも皆さんの声援があってのこと。自分たちの目標である『甲子園で一勝』を目指して、笑顔で一つでも多く勝てるように頑張りますので応援よろしくお願いします」と宣誓した。

◆応援団長は泉さん、さっそく応援練習

 壮行会後は、早速、スタンドでの応援練習があった。応援団長を務める野球部の泉耕成さん(3年)は生徒を前に、「(県予選の)準決勝、決勝に来てくれた皆さんの声援のおかげで甲子園出場を決めることができました。目標達成のため、ご協力お願いします」と呼び掛けた。

 練習では、泉さんら野球部員がメガホンを手に、打者ごとに異なる応援歌を説明。生徒は、チアリーダーを務めるダンス部(黒木萌優部長、32人)の振り付けと吹奏楽部(眦通管長、23人)の演奏に合わせ、声を張った。

 主戦黒木拓選手と同じクラスという黒木翔輝さん(3年)は「テレビで決勝を見てて優勝した瞬間は『オオー!』ってなった。野球部は授業など生活面もしっかりしている。一緒に甲子園に行って、グラウンドの選手に声が届くよう応援したい」と話した。


◆感謝を込めてグラウンド整備−出発を前に最後の学校練習

 富島は1日、甲子園への出発を前に最後の学校練習を行い、これまでの感謝を込めて丁寧にグラウンドを整備した。

 壮行式で全校生徒の期待と激励の言葉を受け取った選手たちは、すぐにグラウンドに出て午前10時から練習。緊張した様子もなく、機敏な動きを見せていた。

 宮崎大会をほぼ一人で投げ抜き、自責点ゼロだった主戦の黒木拓馬選手は「甲子園のマウンドは常にイメージしている。すごく楽しみ。肩の疲労をしっかり取って万全の状態で臨みたい」と気合十分だった。

その他の記事/過去の記事
page-top