【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮交初、高校新卒のバス運転士

本紙掲載日:2019-08-01
3面
宮崎交通初の高校新卒バス運転士の一人となった黒木虎雅さん

日向工卒・黒木さん、いよいよデビュー

 宮崎交通が初めて高校新卒で採用したバス運転士のうち、日向工業高校機械科卒の黒木虎雅さん(21)=美郷町南郷出身=が31日、乗務訓練を修了した。配属先の宮崎南営業所(宮崎市)で、今月中にもプロとしての一歩を踏み出す。

 路線バスの運転に必要な大型2種免許は普通免許取得から3年経過しなければ受験できないため、同社は従来、経験者や中途採用で運転士を確保してきたが、高齢化や人材不足に伴い2016年度から高校新卒者の採用を開始した。

 黒木さんはもともと車の整備士を目指していたが、高校3年生の夏に宮交バスの運転士募集を知り、「宮崎で役に立てるのではないか」と一念発起。18歳の誕生日を迎えた翌年2月から自動車学校に通い、普通免許を取得して入社した。

 高校新卒者は宮交の将来を担う人材としても期待されており、営業所での事務作業や時刻表の作成・張り替え、本社の集合部、貸切部、広告宣伝部、車両整備での業務、ダイヤ改正など、網羅的に仕事を経験。大型免許の取得も苦労の連続で何度もくじけそうになったが、先輩・上司に支えられ、同学年の2人を含む同期社員と乗り切った。

 免許に合格後、約1カ月間の乗務訓練で運転技能や接客を学び、入社から3年4カ月を経て無事に修了。配属先では3週間程度、営業所の運行管理者が同乗して路線で実地訓練した後、ワンマン運行を迎える。

 修了式では、指導を受けた上司らから「よく頑張った」と次々とねぎらいを受け、黒木さんは「一日でも早く一人で乗務できるよう、しっかり勉強して路線を覚え、確認を怠らず安全第一を徹底する。家族や会社でお世話になった方々、知ってる人みんなを乗せたい」と目を輝かせた。

その他の記事/過去の記事
page-top