【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水郷延岡の発展願って

本紙掲載日:2019-08-01
8面

4日、第34回延岡「橋の日」−川風に、令和の光、橋まつり

◆多彩に感謝と平和の催し

 第34回延岡「橋の日」は4日、同市の安賀多橋と周辺の河川敷を主会場に実施される。午前5時50分から、清掃や祈念法要、コーラス、ウオーキングなど多彩な催しが行われる。

 今年のテーマは「川風に令和の光橋まつり」。元号が替わり、新たな時代になっても延岡の水や緑の豊かさを感じ、日ごろ何気なく使う橋に感謝の気持ちを示し、水郷延岡の発展を願う。

 参加希望者は午前5時50分に安賀多橋北詰め河川敷に集合。欄干清掃用の布巾やタオル、ほうきなどを各自持参する。集合後、同橋と河川敷の清掃活動で汗を流し、6時20分から河川敷で参加者全員によるラジオ体操を行う。また、延岡市華道連盟が太平洋戦争末期の延岡大空襲で多くの市民を救った「命の橋」である安賀多橋の両端の親柱に生け花を奉納する。

 6時30分からは集会。延岡市仏教会青年部の有志が延岡大空襲や東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨などの犠牲者をしのんで復興を願う「平和と慰霊」と「命の橋供養」の法要を営む。

 6時50分からは水辺の舞踊と合唱。日本舞踊寿百重流が「橋の日の歌」の曲に合わせて、手拭いを使ったオリジナルの舞踊を披露するほか、クッキーシンガーズ&22ボーイズが「ああ安賀多橋」、延岡少年少女合唱団が「橋の日の歌」「大瀬川」の2曲を歌う。

 7時10分から関係各所の代表者あいさつに続いて、慰霊と安全、平和を願う大放鳩があり、最後に参加者全員で安賀多橋を一周する「さわやかウオーキング」で締めくくる。

 橋の日は橋梁(きょうりょう)会社に勤務していた延岡市出身の湯浅利彦さん(宮崎市在住)が、市民に橋や川への関心を高めてもらい、水郷延岡の発展を願って提唱。1986年、延岡「橋の日」代表の野中玄雄・今山大師住職らが趣旨に賛同して全国で初めて行った。

 野中代表は「令和の新時代を迎えて橋の日を開催できることをうれしく思う。延岡は麗しい水と緑に育まれてきた街。自然災害や事故、紛争がない時代となることを願い、令和の時代にふさわしい橋の日にしていきたい」と話している。長渡靖夫実行委員長は「子どもたちにも朝の涼しい風を感じながら、延岡の川の美しさを眺めてもらいたい」と多くの参加を呼び掛けている。


◆延岡発祥イベント、さらに全国へ−提唱者の湯浅利彦さん

 橋への感謝、自然環境を大切にする心を育んでいこうと、1986年に延岡市の安賀多橋で始まった「橋の日」。水郷延岡の発展を願って提唱した湯浅利彦さん(77)=延岡市出身、宮崎市在住=は、やがて全国の橋にも視線を向け、各地で趣旨を説明しながら橋の日イベントの開催を呼び掛けている。

 2015年に47都道府県での開催が実現した後も、精力的に活動中。今年は新たに香川県高松市の「栗林公園偃月橋」と宮城県気仙沼市の「気仙沼大島大橋」がイベントに〃仲間入り〃した。

 このうち、気仙沼大島大橋は今年4月に開通したばかりで、気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ。11年の東日本大震災で定期船の発着場が被災し、約3週間にわたって島民が孤立したことから、地元では「命の橋」と言われているといい、「延岡大空襲の際、戦災者を守った安賀多橋に通じるところがあります」

 全国各地で橋の日への賛同者が増え続けており、近年は本人も正確に把握しきれないほど。「見えない所で知らない人たちが頑張って橋や自然を愛している。広まった『橋の日』の趣旨が安定していくのを感じますね。これからもそうあってほしい」とさらなる発展を願っている。


その他の記事/過去の記事
page-top