【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

介護保険特集−要介護認定は更新が必要

本紙掲載日:2019-08-07
7面
恒富西地域包括支援センターが入っている延岡市社会福祉センター(三ツ瀬町)
しりとりや連想ゲームで楽しみながら頭の体操

保険料を滞納すると自己負担

◆介護保険Q&A

Q・申請後、認定結果が通知されるまでの間に介護サービスは利用できますか。
A・「暫定ケアプラン」を作成して届けを出すことで、原則1〜3割の利用者負担で介護サービスを利用できます。ただ、認定の結果が「非該当(自立)」となった場合、全額自己負担になります。

Q・要介護認定後に引っ越した場合、再度、申請し直さなければなりませんか。
A・その必要はありません。引っ越し先でも、以前認定された要介護度に基づいたサービスが受けられます。転出の際、市区町村の介護保険担当窓口で「受給資格証明書」を受け取り、転入後14日以内に、引っ越し先の役場に提出してください。

Q・要介護認定の有効期間内に、心身の状態が変化した場合は、どうなるのですか。
A・有効期間内に心身の状態が変化し、認定された要介護状態区分に当てはまらなくなった時には、市区町村の介護保険担当窓口に区分の見直しを申請してください。手続きの方法は、初回と同じです。


【要介護認定の有効期間】
 要介護認定の有効期間は状態に応じて3〜36カ月と異なるが、初回認定後は原則6カ月。介護サービスを引き続き利用したい場合は、有効期間満了日の60日前から満了日までの間に、介護保険担当窓口で更新の手続きをする必要がある。申請を行うと改めて調査・審査、認定が行われ、更新後の有効期間は原則12カ月になる。

【介護サービスに関する相談がある時は】
介護(介護予防)サービスを利用中、困ったことや相談したいことがある場合は、早めに事業者に話して解決するように心掛ける。介護サービスを利用している人は、利用する居宅介護支援事業者のケアマネジャーに、介護予防サービスを利用している人は地域包括支援センターの保健師などに相談する。
改善されない場合は、市区町村の介護保険担当窓口に相談する。また、都道府県単位で設置されている国民健康保険団体連合会に申し立てることもできる。

【介護保険料を滞納していると…】
1年以上滞納すると、費用の全額を利用者がいったん自己負担しなければならない。その後、利用者からの申請で、保険給付分(費用の9割あるいは8割)が支払われる。
1年6カ月以上滞納すると、費用の全額を利用者が負担し、申請後も保険給付の一部または全部が一時的に差し止めになる。
2年以上滞納すると、利用者負担が1割(あるいは2割)から3割(昨年8月以降、3割負担の人は4割)に引き上げられたり、高額介護サービス費が受けられなくなる。
自然災害、事故、火災などに遭遇した場合など、申請により保険料が減免・猶予されることがある。介護保険料の支払いが困難な場合は、市区町村の介護保険担当窓口などに申し出る。


◆介護予防に活用しよう−地域包括支援センター

【地域包括支援センターの役割】
高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、介護や健康、医療などさまざまな面から支える拠点となる総合相談機関。人員体制の強化やセンター間の役割分担、「地域ケア会議」の設置・運営が義務付けられるなど、地域包括ケアシステムの実現に向け中心的役割を担う。
主な業務は、高齢者や家族、地域の相談や悩みに応え、情報提供やサービス紹介を行う「総合相談支援業務」▽高齢者の現状に合った健康づくりや、介護予防をサポートする「介護予防ケアマネジメント業務」▽成年後見制度の紹介や高齢者虐待の早期発見などに対応する「権利擁護業務」▽地域の関係機関との連携体制づくりに取り組む「包括的・継続的ケアマネジメント支援業務」など。
このほか、在宅医療・介護連携のための事業や、生活支援サービスの調整を行う事業、認知症対策の事業、地域ケア会議などの支援策を行うセンターもある。また、市区町村では元気な高齢者を対象とした介護予防プログラムや介護予防教室なども用意しており、積極的な参加を呼び掛けている。
地域包括支援センターは、要支援や要介護の認定を受けていない高齢者でも利用することができる。主に介護予防を目的とした情報提供や支援を行っているほか、地域の実情に合わせた取り組みを進めており、「何でも気軽にお問い合わせください」と話している。

          ◇         ◇

 県北9市町村の要介護認定の申請、介護保険に関する問い合わせ窓口は次の通り。

▽延岡市介護保険課認定係(電話延岡22・7071)
▽日向市高齢者あんしん課(電話日向52・2111)
▽門川町福祉課介護福祉係(電話門川63・1140)
▽美郷町健康福祉課(電話美郷66・3610)
▽諸塚村住民福祉課(電話諸塚65・1119)
▽椎葉村福祉保健課(電話椎葉68・7513)
▽高千穂町保健福祉総合センター「げんき荘」(電話高千穂73・1717)
▽日之影町保健センター(電話日之影87・2306)
▽五ケ瀬町福祉課(電話五ケ瀬82・1702)

その他の記事/過去の記事
page-top