【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3年ぶりにBAMBAパーティー

本紙掲載日:2019-08-07
8面

県北高校関東同窓会−東京

◆飲んで、食べて、踊って…世代を超え約200人集う

 関東在住の県北出身者でつくる宮崎県北高校関東同窓会連合会「BAMBA(ばんば)会」は7月14日、東京文京区の小石川テラスで第4回BAMBAパーティーを3年ぶりに開催しました。(リポーター・広報担当の中村博代さん・延岡西高校10回卒)

 故郷の食とばんば踊りを楽しもうと、「飲んで、食べて、踊ろう!」をテーマに開催。実行委員会(永田敏之代表世話人・延岡東高校卒)によるウェブサイトやフェイスブックなどを活用した呼び掛けと、各高校同窓会の組織力による広報活動で約200人が集まりました。

 会場には宮崎から届いた焼酎や酒類がずらり。浴衣や着物姿の参加者も多く見られ、「虎彦」の破れ饅頭(まんじゅう)や鮎(あゆ)やな餅が並び、巣鴨の「座・ガモール神の国から」は県北の特産物を多数販売しました。

 永田代表世話人の開会のあいさつに続き、世話人の坂元健さん(延岡西高同窓会・関東星遊会会長)の乾杯の音頭で開宴。「高千穂シスターズ」の稲葉雅美さんと田崎美香さんの名コンビが司会を務め、関東在住数十年とは思えない生粋の宮崎弁のトークで笑いを提供しました。みやざき犬の「かぁくん」と高千穂町「うずめちゃん」のゆるキャラも登場、会場を盛り上げました。

 「飲んで!」のコーナーでは、宮崎の酒蔵から協賛いただいた焼酎、日本酒、ビールなどがずらり。限定40杯無料の大吟醸は、あっという間に飲み干されました。

 また、「食べて!」のコーナーでは、シカ肉やイノシシ肉のグリルなどのジビエ料理やチキン南蛮、天領うどん、桜舞カンパチのカルパッチョ、釜揚げしらす、レタス巻き、シイタケと手羽のうま煮、唐人干し、あげみのほか、デザートのマンゴー入りマチェドニアなど宮崎の味が満載。へべすや北浦産の天然塩、地元のしょうゆを使用した料理の数々にあちらこちらから「おいしい」の声が聞かれました。

 「踊って!」のコーナーでは、延岡観光協会から踊りの指導者、寿百重美里さん(寿百重二代目家元)が来られ、祝儀の舞「長唄高砂」を披露していただきました。その後、正しい踊り方を習い、全員で輪になってばんば踊りを踊りました。

 会の途中、ふるさと納税の紹介をスクリーンに映し、それに合わせて高千穂町の甲斐宗之町長が横笛を演奏、神都高千穂大使でクラブジャズバンド「JABBERLOOP(ジャバループ)」のトランペッター長友誠さん(同町出身)の「刈干切唄」のソロ演奏もありました。延岡市、日向市、門川町、高千穂町の「ふるさと納税返礼品」が当たる抽選会もあり、盛り上がりました。

 最後に延岡西高校OBで万歳のレジェンド、上田耕市さん(虎彦社長)の指導で万歳三唱。少ない人数での会の開催準備は大変でしたが、来場していただいた方々から「楽しかった」「来て良かった」「また開催してください」との声が多く聞かれました。

 BAMBA会は、「宮崎県北から発信される情報の受け皿としての機能」「関東から故郷への情報発信母体にもなる組織」を目的とし、高校の垣根を越えた関東在住の宮崎県北出身者のつながりを深めること、関東と地元宮崎県北のパイプ役になることを目指しています。今回のパーティー開催で県北の各自治体と地元企業に少しでも貢献できたらうれしいです。

 県北を愛する方々ならどなたでも参加できます。パーティーもボランティア有志の手作りイベントで、お手伝いしていただける方々を募っています。

 問い合わせは、https://bambakai.com)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top