【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(43)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-08-09
8面

【平成22年1〜6月】

◇Jリーガーと初蹴り
県北初のJリーガー黒木聖仁さんが、出身地の延岡市でスポーツ少年団と交流した。黒木さんは土々呂中から日章学園に進み、2008(平成20)年にセレッソ大阪に入団した(1月6日付)

◇定住自立圏で協定
国の定住自立圏構想の中心市・延岡市が、周辺8市町村と協定を結んだ。圏域の将来像を盛り込んだ共生ビジョンを策定することになった(1月8日付)

◇山沿いで大雪
県北山間部で大雪となり、西臼杵郡内の主要道路がチェーン規制となった。道路凍結によるスリップ事故も相次いだ(1月13日付)

◇中華航空の定期便就航
宮崎と台湾・台北を結ぶ中華航空の定期便が就航した。週2便が往復した(1月22日付)

◇首藤氏が再選果たす
延岡市長選挙が行われ、現職の首藤正治氏が再選を果たした。新人との一騎打ちとなり、投票率は前回をわずかに上回った(1月25日付)

◇永田法順さんが急逝
延岡市山下町の浄満寺住職永田法順さんが1月24日に急逝した。最後の盲僧琵琶法師として県、市の無形文化財に指定されていた(1月25日付)

◇島の宝、よみがえる
延岡市島浦町に明治時代から受け継がれてきたみこしの修復が終わった。神事「奉安式」と餅まきを行い、島を挙げて祝った(1月28日付)

◇菊田氏、混戦制す
美郷町長選挙が行われ、新人の菊田彦市氏が初当選した。新人5人が立候補する大混戦となった(2月1日付)

◇日向斑竹を発見
延岡市北方町の民有林で、環境省のレッドリストで「絶滅」とされている日向斑竹が発見された。年輪のような美しい模様があった(2月4日付)

◇九州国立博物館に寄託
延岡市の豪商・谷家所蔵の天正大判など貴重な貨幣類、能面・能装束など約8千点が九州国立博物館に寄託された(2月9日付)

◇上杉さんがアニー賞
延岡市出身のイラストレーター上杉忠弘さんが、アニメ界のアカデミー賞と言われる国際アニメーション協会主催のアニー賞を受賞した(2月9日付)

◇「坊っちゃん」に新説
夏目漱石が小説「坊っちゃん」に延岡を登場させたのは、西郷隆盛に寄せる深い思いが関わっている―との新説を宮崎大の菅邦男教授が明らかにした(2月15日付)

◇母親の心音をCD化
延岡市のグループが、妊娠中の母親の心音を録音してCD化する「安心音」を開発、東京ビジネスサミットの大賞に選ばれた(2月16日付)

◇県北沿岸にも津波警報
南米チリで発生した大地震による津波警報が県沿岸に出され、各地で潮位の変化が観測された(3月1日付)

◇天の古道を歩く
日之影町見立と高千穂町岩戸を結ぶかつての生活道が、地元の人たちによって新たな観光ルート「天の古道」として復活した(3月8日付)

◇季節外れの雪化粧
県北山間部で季節外れの雪が降り、平野部の延岡、日向市でも雪がちらついた。3月に降雪が観測されたのは、記録の残る宮崎市で9年ぶりだった(3月10日付)

◇浦城町で夕焼け市
延岡市浦城町で「夕焼け市」があり、新鮮な魚介類を買い求める人でにぎわった。地元の活性化協議会が初めて開いた(3月24日付)

◇東九州道開通へ火入れ式
東九州自動車道門川―日向間の舗装用アスファルト合材を製造する仮設プラントの火入れ式が、日向市富高の建設現場であった(3月29日付)

◇豪華客船が細島に寄港
米国船会社の豪華客船が日向市細島港に寄港した。洋上のホテルのような姿をひと目見ようと、岸壁には大勢の人が訪れた。みやざき観光コンベンション協会が誘致した(3月30日付)

◇柔道国際大会で優勝
延岡市東海中3年の橋口祐葵選手が柔道の国際大会で優勝した。全国中学校大会66キロ級で優勝し、日本代表となった(3月30日付)

◇巨人木村コーチが死去
プロ野球巨人の木村拓也コーチが4月7日に死去した。37歳。延岡市で生まれ、父親の仕事の関係で旧田野町に引っ越した。試合前にくも膜下出血で倒れていた(4月7日付)

◇リニア跡地に発電所
都農町のリニアモーターカー実験線跡地に太陽光発電所が完成した。国際航業グループが建設、1千キロワット以上の規模を持つメガソーラーを目指した(4月8日付)

◇日向市でウオーク日本
全国全ての市町村を歩こうという「ウオーク日本1800」の日向市大会があり、同市沿岸を約170人が歩いた(4月13日付)

◇都農町で口蹄疫
県は、都農町の繁殖牛農家が飼育する3頭が家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に感染した疑いがあると発表した(4月20日付)。川南町でも見つかり、感染拡大の様相を見せた(4月21日付)

◇がまだせ市場オープン
高千穂牛レストランや地場産品直売所などが入る観光物産施設「がまだせ市場」が、高千穂町中心部にオープンした(4月24日付)

◇日之影町に列車の宿
高千穂線の鉄道施設を利用した「TR列車の宿」が日之影町にオープンした。車両を簡易宿泊施設に改装した(4月24日付)

◇ハワイにこいのぼり
日向市出身でハワイ在住の女性が夕刊デイリー新聞紙上で提供を呼び掛けたこいのぼりが、ハワイの空を元気よく泳いだ。段ボール2個分が集まった(5月10日付)

◇県が非常事態宣言
県は、口蹄疫の感染拡大が止まらないとして「非常事態」を宣言した。感染・感染疑いは126例、殺処分対象の牛や豚は約11万4千頭にのぼっていた(5月18日付)

◇10キロ圏内殺処分へ
政府は、口蹄疫の発生地から半径10キロ圏内の家畜にワクチンを投与した上で殺処分する方針を固めた。非常事態宣言を受け、「ゴールデンゲームズinのべおか」などイベントの中止が相次いだ(5月19日付)

◇一般質問を取りやめ
日向市議会は、口蹄疫対策に追われる市当局の負担を減らすため、定例会の一般質問を取りやめ、会期短縮を決めた(5月28日付)

◇復活した尺八樋に通水
延岡市北川町長井の農業用ため池に復活した尺八樋に、水を通す作業があった。延岡北川温故知新の会が復元した(5月28日付)

◇日向市で殺処分始まる
口蹄疫のワクチンを接種した家畜の殺処分が日向市で始まった。農家77戸の牛や豚など計1457頭が対象となった(6月5日付)

◇口蹄疫、日向市でも
日向市で口蹄疫に感染した疑いのある牛が見つかった。飼育する約350頭が殺処分された。ひょっとこ夏祭りも中止となった(6月11日付)

◇災害時に飲料水提供
旭化成延岡支社は、大規模災害時に市内3工場の応急給水拠点設備から市民に飲料水を提供する協定を延岡市と結んだ(6月15日付)

◇日本、決勝T進出
サッカーW杯南アフリカ大会で日本が決勝トーナメントに進出(6月25日付)。1回戦でパラグアイに敗れ、初のベスト8はならなかった(6月30日付)

◇無料化実験スタート
全国37路線50区間の高速道路を対象とした無料化社会実験が始まり、延岡南道路の料金所には最大約150メートルの車列ができた(6月28日付)

◇チキン南蛮党を結成
延岡発祥のチキン南蛮を生かしたまちづくりを進めようと、市民グループが「チキン南蛮党」を旗揚げした(6月30日付)
(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top