【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

22人が「なりきり牧水」

本紙掲載日:2019-08-27
6面
牧水公園内に立つ牧水銅像の前で、記念写真に納まる参加者

生誕地の散策を満喫−日向

◆群馬、神奈川県からも参加

 郷土の歌人若山牧水の「旅姿」になってゆかりの地を散策する「第13回なりきり牧水」が24、25日、日向市東郷町の牧水公園一帯であり、遠来の群馬県や神奈川県をはじめ、市内外から集った6〜78歳の22人が牧水に思いをはせた。主催はあくがれて牧水実行委員会。

 24日は、アユ掛け体験、川遊び、そうめん流しや地元食材を使った料理を囲んでの夜なべ談義で交流を深め、25日が散策。

 参加者は着物に山高帽、つえを持って牧水に扮(ふん)し、また、散策しながら作る短歌を書き留める短冊を携えて、牧水生家や若山牧水記念文学館を見学した。その後、ふるさとの家で、それぞれが作った短歌を披露した。

 群馬県から参加した会社員の武田俊樹さん(27)は「友人に『来てみないか』と誘われ初めて参加した。風の音、せせらぎの音、雨の音を聞き、豊かな自然の余韻に浸りながら文学に触れることができた。心の落ち着く経験をさせてもらった」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top