【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高さ105メートル鉄橋に遊歩道

本紙掲載日:2019-08-30
1面
高千穂鉄橋の上を走る高千穂あまてらす鉄道のグランド・スーパーカート
高さ105メートルの鉄橋に整備する遊歩道の完成イメージ図

旧TR跡地を鉄道公園化−高千穂町

◆観光客増へ新構想

 高千穂町は、水面からの高さが鉄道橋としては日本一の高千穂鉄橋(高さ105メートル、橋長352・5メートル)に遊歩道を整備するなど、旧高千穂鉄道(TR)跡地を鉄道公園化し、観光客増を図る構想を明らかにした。遊歩道の完成時期は未定。甲斐宗之町長が30日、同町役場で記者会見を開いた。

 同橋を含む高千穂駅から往復5・1キロの沿線では、高千穂あまてらす鉄道(盪格孤Ъ卍后砲運営するグランド・スーパーカート(30人乗り)が走っており、昨年、約5万2千人が乗車するなど人気を集めている。甲斐町長は「観光資源として実績が伸びている現状、高千穂鉄橋などのさびが年々進んでいることを考慮した」と発表理由を話した。

 遊歩道整備は2案あり、線路から11メートル下の点検通路を2メートル幅に拡張する案。線路横の左右に2メートルの通路をそれぞれつくる案がある。これから安全性などを基に案を選ぶ予定。

 事業費は、鉄橋の塗装工事や耐震化、遊歩道整備などで約10億円と推定。町は、国の地方創生拠点整備交付金やクラウドファンディング、ふるさと納税などの活用を考えているという。

 町は来年度に詳細設計、再来年度の着工を目指すが完成までには数年かかると見込んでいる。甲斐町長は「高千穂鉄橋から渓谷や山々、棚田の風景などを楽しみ、スリル感も味わえる観光施設にしたい。人が歩き、線路の上を乗り物が走る観光資源は他にはない。きっと魅力ある観光資源になると確信している」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top