【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平野頭取「皆さんと共に成長したい」

本紙掲載日:2019-08-31
3面
宮崎銀行の平野亘也頭取

日向市で経営説明会−宮崎銀行

 宮崎銀行(平野亘也頭取)は27日、日向市原町の喜重会館で2019年度経営説明会を開いた。日向地区の株主や取引先約170人が出席、杉田浩二常務が同行の経営内容や経営方針を説明した。

 あいさつに立った平野頭取は「県の経済は本当にゆっくりだが安定成長を続けていると認識している」とした上で、「地元のことや地方のことは、そこに住むわれわれ一人一人が危機感、課題、問題点を共有しながら解決していくしかない。当行はこれまで、地域との共存共栄を経営の根本信条に据えてやってきた。今後も意気込み、その考え方はいささかもぶれることなく、皆さんと共に成長していきたい」と述べた。

 杉田常務による経営説明では、19年3月期(昨年度)の決算概要について、「皆さまのおかげでまずまずの成果を上げることができた」とし、一般の事業会社の売上高に当たる経常収益はマイナス金利政策実施により若干減収の470億円、経常利益は有価証券の売買が好調だったことから増益の136億円を計上。貸出金の残高が年々増加したことで、不良債権比率は年々低下しており、過去最低水準の1・52%となったと紹介。

 主要残高については、19年3月末の総貸出金残高は2兆5億円、前年度比659億円増。総預金残高は2兆5434億円、前年度比504億円増と順調に拡大している。

 20年3月期(今年度)の業績予想については、減収・減益を予想。経常収益は前年度比10億円減の460億円、経常利益は前年度比21億円減の115億円の見込み。

 一昨年4月に策定した中期経営計画「お客さま成長力1銀行」の概要については、〃みやぎん三本の矢〃として掲げる|亙創生∋業性評価女性活躍推進――を三本柱に挙げ、「三本柱を中心に地元のいろいろな課題解決に全力を尽くし、『お客さま成長サポート1銀行である』と言われるよう尽力している」とした。

 経営説明会終了後には懇親会もあり、同行と株主、取引先相互の交流を深めた。

 同様の経営説明会は日向会場からスタートし、9月20日の延岡会場(午後6時からエンシティホテル延岡)まで、鹿児島を含む県内外の6会場で予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top