【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(47)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-09-05
8面

【平成24年1〜6月】

◇20年ぶりの大漁
県北近海でマイワシが20年ぶりの大漁となり、巻き網漁船が所属する延岡市の北浦漁協や島浦町漁協は活気に包まれた(1月6日付)

◇青木選手、ブルワーズに
プロ野球ヤクルトの青木宣親選手(日向市出身)が、米大リーグのブルワーズと2年契約を結んだ。外野のレギュラー候補として期待された(1月18日付)

◇プロが高校球児指導
プロ野球の現役選手が高校生に技術指導するシンポジウム「夢の向こうに」が宮崎市の県総合運動公園であった。県内では初の試みだった(1月24日付)

◇高校生が手話1級に
延岡青朋高校通信制2年の工藤友香里さんが、全国手話検定試験の1級に合格した。高校生では全国で初めてだった(1月25日付)

◇卒業生が参院議長に
延岡市にあった旭化成工科学院の卒業生で参議院議員の平田健二氏が、参院議長に就任した。平田氏は昭和36年に旭化成入社、ベンベルグ工場などに勤務した(1月28日付)

◇先端医療学講座を開設
県と延岡市は、東九州メディカルバレー構想などに基づく寄付講座「血液・血管先端医療学講座」を宮崎大医学部に開設した(2月1日付)

◇鞍岡で氷点下12・4度
強い寒波で気温が下がり、五ケ瀬町鞍岡で観測史上2番目に低い氷点下12・4度を観測した。町内は一面の銀世界となった(2月3日付)

◇巨石群の謎探る
日向市内に点在する巨石群の謎を探るシンポジウムが同市で開かれた。石神山のストーンサークルや大御神社の卵形巨石が話題となった(2月7日付)

◇自治体クラウド本稼働
延岡市は、自治体が使う電算システムを民間のデータセンターに集約し、ネットワークを通じて複数の自治体が共同で利用するクラウドシステムを本稼働した(2月13日付)

◇FMのべおか本放送
延岡市にコミュニティー放送局「FMのべおか」が誕生し、本放送を開始した。夕刊デイリー新聞社内にスタジオが置かれた(2月20日付)

◇ドクターヘリ飛来
宮崎大医学部付属病院が導入するドクターヘリの模擬訓練があった。県内のトップを切って日之影町に飛来、救急患者の引き継ぎなど一連の流れを確認した(2月24日付)

◇「ここに生きる」上映
のべおか「第九」を歌う会の活動など延岡市の市民力・文化力を描いた映画「ここに生きる」が、東京で先行上映された。古里を思い、涙する人の姿も見られた(3月1日付)

◇保護ハヤブサ元気に
延岡市内で保護されたハヤブサの幼鳥が県職員の手厚い看護で元気を回復、繁殖のため伊豆大島の動物園に向けて出発した(3月6日付)

◇緊急連絡路が完成
延岡市の舩倉街区公園と五ケ瀬、大瀬川の隔流堤を結ぶ道路が完成した。地震や津波など災害時の緊急連絡路としても利用されることになった(3月14日付)

◇エンパイアステートビル
延岡市に米ニューヨークのエンパイアステートビルそっくりの建物が現れた。正体は、塗装工事中の旭化成火力発電所の煙突だった(3月19日付)

◇黒木氏が3選果たす
日向市長選挙が行われ、現職の黒木健二氏が3選を果たした。新人との一騎打ちとなったが、投票率は過去最低だった前回をさらに下回った(3月26日付)

◇いのちの杜完成
延岡市が熊野江町に建設していた新斎場「いのちの杜(もり)」が完成した。鉄筋コンクリート造り一部2階建て。維持管理は民間に委託した(3月26日付)

◇五ケ瀬大橋が開通
五ケ瀬川をまたぎ、延岡市野地町と古川町を結ぶ五ケ瀬大橋が開通した。市の西側を迂回(うかい)する西環状線の一部だった(3月27日付)

◇モニタリングポスト設置
放射線量を測定するモニタリングポストが、延岡保健所など県内3カ所に設置された。線量を24時間監視した(3月30日付)

◇全国牧水顕彰会が発足
歌人若山牧水ゆかりの全国3県5市と9顕彰団体が、全国牧水顕彰会を設立した。事務局を日向市教委に置き、会長に黒木健二市長が就任した(4月6日付)

◇しろやま支援学校開校
延岡市内の特別支援学校3校を統合した「延岡しろやま支援学校」が、延岡西高校跡地に開校した(4月10日付)

◇延岡市民に感謝
兄弟都市締結15周年を迎えた延岡市と福島県いわき市の交流会があった。いわき市の一行は延岡今山大師祭にも参加、東日本大震災の支援に感謝した(4月16日付)

◇ドクターヘリ本格運航
宮崎大学医学部付属病院が導入したドクターヘリが本格運航を開始した。全県下30分以内で救急現場に到着できることになり、救命率の向上が期待された(4月18日付)

◇ハリセンボン大量漂着
延岡市北浦町の下阿蘇海岸に大量のハリセンボンが漂着した。計60キロ、推定1800匹が市清掃工場で処分された(4月19日付)

◇書道ガールズデビュー
延岡市内の書道教室に通う女子中高生でつくるチームによる初めてのパフォーマンスが、同市の山下新天街であった。見物客で人垣ができた(4月23日付)

◇風のホールが完成
五ケ瀬町桑野内の五ケ瀬ワイナリーに多目的交流施設の風のホールが完成した。山のように連なる屋根の下が吹き抜けとなっていた(4月23日付)

◇大崩登山道の橋が復旧
延岡市北川町の大崩山登山道の橋が復旧した。祝子川に架かっていたが、増水で壊れていた。県内外の登山愛好家と鉄工会社が協力した(4月28日付)

◇最新鋭の運搬船進水
延岡市北浦町の漁港で、水産会社タカスイの最新鋭運搬船「金比羅丸」の進水セレモニーがあった。もちまきや踊りもあり、大勢の人でにぎわった(5月8日付)

◇山の神、延岡を疾走
箱根駅伝5区で4年連続区間賞に輝いた「山の神」こと柏原竜二選手(富士通)が、ゴールデンゲームズinのべおかに出場した。柏原選手は延岡市の兄弟都市・福島県いわき市出身(5月14日付)

◇宮銀が女子陸上部創設
宮崎銀行が女子陸上部を創設すると発表した。県内の有望な高校生をスカウト。延岡市に拠点を置き、旭化成選手と練習を積むことになった(5月15日付)

◇ガントリークレーン設置
国際物流ターミナルの整備が進む日向市細島港に、コンテナ貨物の積み下ろしを行う2基目のガントリークレーンが設置された(5月19日付)

◇金環日食、雲にお隠れ
太陽の手前に月が重なり、金色のリング状に光って見える金環日食が、九州南部など太平洋側で観測された。県北は雨雲に覆われ、見ることができなかった(5月21日付)

◇金州新区と友好都市
延岡市は、中国大連金州新区と友好都市の協定を結んだ。同区に進出した延岡市の企業が縁で交流を深めていた(5月31日付)

◇太陽面に金星くっきり
金星の太陽面通過が観測された。延岡市や門川町の中学校では、生徒が日食グラスを通して珍しい天体ショーを観測した(6月6日付)

◇寛仁さま、ご逝去
「ひげの殿下」の愛称で親しまれた三笠宮家の寛仁さまが、6月6日に亡くなられた。66歳だった。身体障害者の福祉に力を注がれた(6月7日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top