【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

9月10日、下水道の日

本紙掲載日:2019-09-09
8面
第59回「下水道の日」のポスター。中央の絵は竹尾薫さんの作品
竹尾薫さん
12日まで延岡市役所で開催の第59回「下水道の日」啓発イベント

快適な生活に大きな役割

◆人為的要因で故障も−求められる適正利用

 汚れた生活排水などをきれいな水にして川や海に戻す下水道は、人が快適に暮らす生活環境の改善や、自然環境の保全に大きな役割を果たしている。その一方で、本来は流してはいけない異物が排水管やポンプに詰まるなど、人為的な要因による故障も後を絶たず、正しい利用が求められている。あすは「下水道の日」。

 下水道は、台所やトイレ、風呂など家庭で使われた汚水を排水管や下水道管で下水処理場に運び、ごみなどの除去や微生物による分解できれいにした水を自然に戻すほか、台風や大雨で降った雨水を川や海に流して浸水を防ぐなど、防災面でも大きな役割を担う。

 延岡市上下水道局下水道課によると、この下水道に異物などが流されると、下水処理場までの下水道管や、途中に設置されるマンホールポンプを詰まらせて故障を招く。異物は下着やビニール、紙おむつ、タオルなどが挙げられるが、油や調理くず、髪の毛なども詰まりの原因となる。

 同市の昨年度のマンホールポンプの異常報告は417件(前年度比87件増)。このうち、異物のかみ込みやごみ詰まりなどによる故障は75件(同3件減)を占めた。

 下水管やマンホールポンプに異物が詰まって故障すると、汚水が地表にあふれたり、トイレの水が流せなくなるなど、生活に支障が出る恐れがあるとともに、多くの修理費も必要になる。

◇普及率は76・1%−水洗化率は96・5%

 延岡市の下水道事業は、1952年に中心市街地の雨水排除と浸水防止を目的として管渠(かんきょ)の整備からスタート、順次進めている。

 今年3月末現在、行政人口12万2519人に対する整備区域の人口は9万3269人で、人口普及率は76・1%(前年同期比0・1ポイント増)。整備区域の人口のうち水洗化人口は8万9964人で、水洗化率は96・5%(同0・5ポイント増)。

 市の公共下水道の全体計画面積2724・9ヘクタールのうち、下水道法事業計画面積は2182・5ヘクタール。このうち供用面積は2054・87ヘクタール。現在、岡富古川土地区画整理事業地区内や無鹿地区などで整備が進んでいる。

◆油類などの処理は?

 下水道に油類や髪の毛、紙おむつ、熱湯、薬品類などを流すと、排水管や下水道管の詰まり、ポンプの故障などの原因となる。延岡市上下水道局下水道課は正しい処理の仕方を呼び掛けている。

【紙おむつ・生理用品】
水に溶けない紙や異物を流すと、排水管が詰まったり、マンホールの中にあるポンプの故障の原因となり、マンホールから汚水があふれるとともに、宅内の排水口から汚水が逆流する恐れがある。

【油類】
排水口に油を流すと、油が冷えて固まってしまい排水管や下水道管が詰まる原因になるため、料理で使った油はキッチンペーパーや新聞紙、古い布などで吸い取り、燃えるごみに出す。油を流して下水道管が詰まった場合や損傷が発生した場合の修理費は、詰まらせた人の負担になる。

【髪の毛】
髪の毛を排水口に流すと、排水管や下水道管のつなぎ目に引っ掛かったり、他の汚物と絡まったりして詰まりやすくなるため、排水口に目皿などを置くなどして流れないようにする。

【薬品】
薬品類を排水管に流した場合、排水管が変形したり溶けたりして水漏れの原因になったり、下水道管やマンホール内で有害なガスが発生する恐れがあるため、廃棄方法を確認し、適切な方法で処分する。

【熱湯】
排水管には高温に弱い材質が使われている場合があり、熱湯を排水管に流した場合に排水管が変形する可能性があるため、冷ましてから流す。


【下水道の日】1961(昭和36)年、当時、著しく遅れていた国の下水道の全国的な普及を図ろうと、「全国下水道促進デー」として展開されたことが始まり。
それから40年後の2001(平成13)年に、旧日本下水道法が施行されて100年が経過したことや、21世紀のスタートであったこと、さらに下水道に対する認識が高まってきたことなどから、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更された。
9月10日と定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンの210日を過ぎたころで、立春から数え220日が適当であるとされ定められたとされる。

◆悪質な点検商法に注意

 下水排水管の点検や清掃を勧める不審な訪問セールスに関する複数の相談が、延岡市上下水道局下水道課や、県と市の消費生活センターに寄せられている。許可なく敷地内に入って点検を行い、清掃を勧める事例などが報告されているが、市が業者にこうした委託をすることはないため、注意を呼び掛けている。

 下水道課や消費生活センターによると、「延岡市から委託を受けて排水管の点検をしている」などと勧誘し、清掃契約すると「床下の湿気と虫のふんがたくさんある」と言われシロアリ防除を契約し、その後、クーリングオフをした事例などがあったという。

 また、「電気温水器の点検をする」といきなり訪ねてきた業者に、「温水器が古いので、このままでは大変なことになる」「部品交換が必要」などと言われたため、不審に思い設置業者に確認したところ、部品交換は必要ないことが分かった例も発生している。

 突然、業者が訪ねてきた際の対応として、市は、_饉厂召篷問した人の名前の確認。できれば名刺をもらう△修両譴之戚鵑擦困鵬搬欧冒蠱漫0様蠅垢訃豺腓睚数の業者から見積もりを取る――など適正な作業内容、価格かどうかの確認を行うことなどを勧めている。

 また、訪問販売に該当する場合は、契約書を受け取ってから8日以内であれば、工事が終わっていてもクーリングオフすることができる。クーリングオフの期限が過ぎていても、契約を取り消すことができる場合もあるため、消費生活センターに相談する。

 不審な訪問セールスに関する問い合わせは、下水道課(電話延岡22・7024)、市消費生活センター(電話延岡22・7056)、県消費生活センター延岡支所(電話延岡31・0999)。


◆12日まで啓発イベント・ポスターやパネル展示など−延岡市役所

 第59回「下水道の日」(9月10日)のPRイベントは12日まで、延岡市役所1階市民スペースで開かれている。下水道の日をテーマにしたポスター展や啓発コーナーなどを通じて日常生活に果たす下水道の役割を紹介する。入場無料。

 ポスター展は、市内の小学生が描いた171点を展示。最優秀賞6点、優秀賞12点、入賞12点を決めるため、来場者はポスターの構図や色彩などを見て、気に入った作品に投票できる。最優秀賞は、日本下水道協会などが主催する「下水道いろいろコンクール」に出品する。

 また、啓発コーナーでは、マンホールのふたや災害時用マンホールトイレ、下水処理場の汚泥を再利用した肥料、油類や紙おむつを流さないなど下水道の正しい使い方を啓発するパネルなどを展示している。

 イベントは、下水道が生活環境の改善や自然環境の保全に果たしている役割について、より一層理解してもらうことを目的に、「下水道の日」に合わせて毎年開催している。午前8時30分から午後5時15分。


◆竹尾さん(五ケ瀬中等1)に国交大臣賞
絵画・ポスター部門−豊かな水の恩恵を表現

 昨年度の第58回「下水道いろいろコンクール」(日本下水道協会など主催)で、五ケ瀬中等教育学校1年の竹尾薫さん(12)=延岡市出身=が、絵画・ポスター部門小学校高学年(4〜6年)の部の国土交通大臣賞に選ばれた。

 竹尾さんは東海小学校6年生の時に、同市の「下水道の日」ポスター展の小学6年生の部で最優秀賞を獲得。その後、市の代表として全国コンクールに出品され、小学校高学年の部に応募があった全国3833点の最高賞に輝いた。

 構図の中心に下水道管を大胆に据え、周辺の地上には笑顔で生活する人々、海には元気に泳ぐ魚などを描写。汚れた生活排水を浄化して自然界に戻し、快適で衛生的な人々の生活を支える下水道の大切な役割を、色鮮やかに表現した。

 小学校4年生の時も同コンクールで入選した竹尾さんは、「下水道が豊かな暮らしを支えていること、すべての生き物が豊かな水の恩恵で暮らしていることを表現した。作品を通じ、下水道の役割を知ってもらえるとうれしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top