【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

児童生徒が体験学習−延岡・北方学園

本紙掲載日:2019-09-10
7面
こて絵の制作を通じて、左官の技術を学んだ北方学園の小学5年生
上田社長からどら焼きの製造工程の説明を受ける佐藤さん

 延岡市北方町の小中一貫校「北方学園」(城戸勇司校長、214人)は5、6日、ものづくり体験学習を行い、小学4、5年生と中学2年生が県内で活躍する企業や職人の技術に触れ、勤労の尊さを学んだ。

◆板金、表装、左官の技術−小学4、5年生

 小学4、5年生51人は校内で5日、県職業能力開発協会から派遣された板金、表装、左官の〃マイスター〃12人の指導の下、表札、化粧箱、こて絵作りに挑戦。「銅板の凸部分を黒のペンで塗る作業が仕上がりに影響する」「のり付けの際、はけを途中で上げてしまうとうまくいかない」などの注意点を聞きながら真剣な表情で作業に没頭した。

 色砂を使ったこて絵でアニメのキャラクターを描いた角田悠真さん(5年)は、少しずつこての使い方のこつをつかんでいき、「(こては)見たことがあるけどちゃんと使うのは初めて。楽しかった」とにっこり。指導に当たった県左官業協同組合の時任毅さん(44)は「左官といっても、ぴんとこない子が多いと思う。こうした機会を通して興味を持ってもらえれば」と話した。


◆市内16カ所で職業体験−中学2年生

 中学2年生27人は5、6日、市内16カ所の飲食店やスポーツ店、保育園などに出向いて各種業務を体験した。

 このうち延岡市幸町の「風の菓子虎彦」(上田耕市社長)を訪れた佐藤蓮さんは、仕事内容の説明を受けた後、菓子を作っている工場へ。

 商品の袋詰め作業などを体験したほか、上田社長から「県内でここだけにしかない」というどら焼き製造用機械を紹介され、出来たてのどら焼きを振る舞われた。佐藤さんは「出来たては温かくて、よりおいしい。初めて見るものばかりで面白かった」と、菓子作りに興味を持った様子。

 上田社長は「地元延岡に誇れる企業や職人がいることを知ってもらえたらうれしい」と話した。


その他の記事/過去の記事
page-top