【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最先端科学に触れて

本紙掲載日:2019-09-18
7面

第19回ジュニア科学者の翼に参加して・感想文

◆県北の中学2年生12人

 科学分野への知的好奇心あふれる中学生を対象にした、野口遵顕彰会(清本英男会長)主催の研修事業「第19回ジュニア科学者の翼」は、7月23日から26日まで、3泊4日の日程で行われた。今年は延岡市、高千穂町、五ケ瀬町から12人の中学2年生が参加して、東芝未来科学館、野口研究所、科学技術館など、首都圏の研究施設や学習施設を訪れ、最先端の知識と技術に触れた。参加した生徒たちの感想を2回に分けて紹介します。
=研修中の写真はすべて主催者提供=


◆「iPS細胞を使った医療」恒富中学校2年・十亀駿乃丞

 このテーマを設定した理由は、理科の授業で生物の細胞について興味を持ったからと、なぜ体細胞がさまざまな機能を持つ細胞になるのか不思議に思ったからです。

 iPS細胞は多能性幹細胞のことで、人間の体細胞に少数の因子を導入して培養することで、さまざまな組織や臓器の細胞に分化する能力と、増殖する能力があります。再生医療や、新薬の開発に活用できると考えられています。

 僕が考えるiPS細胞を使った医療は、失われた機能を回復させるのはもちろん、もっと違うものに分化することのできる細胞を作ることです。

 iPS細胞を深く調べていくうちに、今までよりもっと関心を持つことができました。さらに自分なりの考えや意見を持つことができて、僕も医療の進歩に貢献する一員になりたいと思いました。


◆「私の考えるこれから目指すべき車」旭中学校2年・亀山真陽

 最近、高齢者の自動車事故や排気ガスによる環境汚染のニュースを多く耳にする。そのため多くの自動車メーカーが安全でエコな車造りに力を入れており、自動運転技術が進化し、電気自動車も広まりつつある。

 自動運転は人が運転せずとも目的地まで連れて行ってくれる。このため高齢者も事故を起こす心配がなくなる。だが、完全に事故をなくすことができるのかどうかが問題だ。電気自動車は充電に時間がかかることが問題だ。

 私が考える理想の車は、再生可能エネルギーで発電された電気で走り、人が操作を間違えても安全な車だ。

 私は将来、人が安全に乗れて、さらに便利な生活に貢献できる車を造ろうと思う。いつの日か、陸を走り、海を進み、空を飛ぶ、便利で夢のような乗り物を造れる技術者になりたい。ドラえもんの力は借りずに……。


◆「新薬の開発」西階中学校2年・渡邊成美

 私は薬を使う時に、どうやって作られているのか、どんな過程を経て手元に届くのか、どうやって体に効いているのかなど、不思議に思うこと、知りたいことがたくさんあった。

 新しい薬の候補化合物が発見され、有効性と安全性が確認された後、国の承認を受けて発売されるものを新薬という。一つの新薬が誕生するまでに、基礎研究→非臨床試験→臨床試験→承認申請と審査→承認・販売開始→育薬と、厳しく長い道のりがある。開発費は数百億円から1000億円以上かかり、成功率はわずか3万分の1だ。薬のタネは何十万もあるが、新薬として世に出るのはごく一部である。

 私の将来の夢は薬剤師だが、処方するだけでなく、開発・調薬にも興味がわいた。これからは、もっといろんなことに興味を持ち、今回の研修で学んだことを生かして、将来につなげたい。


◆「ロボットと共に」延岡市南中学校・古川明子

 人間の仕事をロボットがしてくれる世界。皆さんはどう考えるだろうか。

 ロボットは、人の代わりに作業を行う装置、もしくは機械のこと。大きく分けて、産業用とサービス用の2種類がある。私は三つのサービス用ロボットに注目した。ASIMO、オトナロイド、パロだ。

 サービス用ロボットは仕事をしてくれるだけでなく、ふれあいの中で多くのことを学び、感じ取らせてくれる存在であることが分かった。そこで養われた技術は、私たちの生活をさらに豊かに、便利にしてくれるだろう。

 ロボットができることが増えると、私たちの仕事は減ると言われている。アイデアを出す、相手とコミュニケーションを取るなど、人間だからこそできることもたくさんある。それらを見つけ、磨いていくことが、私たちとロボットの未来を変えるカギになると思う。


◆「医療へのAI導入」延岡市土々呂中学校2年・久壽米木未来

 日本では高齢化が進み、医療現場でも労働力が不足している。医師や看護師の労力を減らすためにも、これからの医療現場には、AIが導入されると言われる。AIはArtificialIntelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)の略で人工知能を指す。

 一方で導入には問題点もある。AIの誤診は誰の責任になるのか。また、AIに診断されたくない人も、AIによる診断に抵抗を感じる医師もいると思う。

 医療AIはまだ発展途中の技術だが、これからどんどん導入されていくと考えられる。現在はAIが人間の仕事を手伝う立場だが、いずれ人間がAIを手伝うようになるんだろうな、と思うと将来が少し不安になった。

 私は看護師という夢がある。今回学んだことをこれからの生活に生かして夢を実現し、社会に貢献できるようになりたい。


◆「薬の始まりと作られるまでの時間と費用」北方学園中学校2年・高野龍利

 皆さんは薬についての歴史や作られるまでの時間と費用などを考えたことがありますか?薬は人や動物の疾病の診断・治療・予防をするために与えるもので、今から1万数千年以上も前から作られていました。

 薬を開発するのにかかる期間は、薬のタネを見つけてから、だいたい9年から17年、費用は数百億円から1000億円以上かかると言われます。基礎研究に2、3年、非臨床試験に3〜5年、臨床試験に3〜7年、それらの期間を経てようやく承認申請と審査に至ります。

 僕の夢は医師です。医学方面の職業はとてもつらく、苦しいのだと思います。そんな選ばれた者、努力した者だけが近づける医師という職業に就くために、ジュニア科学者の翼という経験を自分の人生の糧にして、頑張っていこうと思います。


その他の記事/過去の記事
page-top