【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

オーストラリアの生徒と交流−門川中

本紙掲載日:2019-09-23
6面
門川中を訪問したオーストラリアの生徒たち
書道を体験
一緒にばんば踊り

一緒に日本文化楽しむ

 門川町教育委員会の中学生海外研修派遣事業で縁のあるオーストラリアの生徒たちが13日、門川中学校(濱砂光弘校長、生徒数447人)を訪れた。授業体験などで同中の生徒と交流した。

 来校したのは、メルボルンにあるアッパーヤラ・セカンダリーカレッジの、日本の中、高校生に当たる13〜17歳の男女17人と引率の教諭2人の計19人。

 安田修町長、金丸隆康副町長、新原とも子教育長らも出迎え、安田町長は「ようこそおいでくださいました。短い期間ですが、ここでしか味わえないものを味わって帰ってください。楽しく過ごしてください」と歓迎の言葉を述べた。

 体育館で行われた生徒会主催の歓迎行事では、門川中生徒会が折り紙をプレゼント、学校紹介、吹奏楽部が演奏。

 岡崎裕也教頭は「今後は必ず外国の人と話をしたり、仕事をしたり、一緒に住んだりすることになる。外国のことに興味を持ってほしい」と、積極的な交流を呼び掛けた。

 品部絢星生徒会長が「少しでも日本のことを知ってもらえたらうれしい。残りの日本での時間も楽しんで」とあいさつした。

 授業体験ではオーストラリアの生徒たちも折り紙、書道、ばんば踊りなどに挑戦。日本文化に触れるとともに交流を深めた。

 一行は16日まで町内に滞在し、14日には乙島で釣り体験を楽しんだ。同町を離れた後は、鹿児島や福岡、長崎県などを訪問した。

◆夏休みに生徒を派遣

 同町では毎年、夏休みに中学生をオーストラリアに派遣し、現地でホームステイしながら英語学習を中心とした体験交流活動を行っている。今年も8月6日から10日間、町内から10人がメルボルンに派遣された。アッパーヤラ校へは、昨年度と2016年度に同町の中学生が派遣されたという。

その他の記事/過去の記事
page-top