【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害ごみの収集急ピッチ

本紙掲載日:2019-09-24
3面
臨時の集積所には災害ごみが次々に持ち運ばれ、収集業務も急ピッチ

延岡市が6カ所に臨時ステーション

 22日に竜巻が発生した延岡市の被災地域では、被害に遭った家屋の片付けや、瓦などのがれきの撤去作業で出てくる災害ごみが臨時の集積所などに次々と持ち運ばれ、市の収集作業も急ピッチで行われている。

 市によると、災害ごみの収集は、基本的に昭和町や日の出町、中川原町など市内6カ所に設置した災害用臨時ごみステーションや、地区が設けた臨時の集積所を巡り収集しているが、次々に持ち運ばれる状況という。

 このうち夏田町の夏田区では23日夕、市に委託された業者が、公民館隣の臨時集積所に山積みされた折れた柱状の木材や破損した網戸、トタンなどの災害ごみをごみ収集車に詰め込んでいた。通常のごみ収集業務を終えた後、災害ごみの収集作業をしているという。

 作業に立ち会った眦津缶藏萃后複毅魁砲蓮⇔鬼で自宅の屋根に被害を受けた。「『ゴォー』というすごい音。何が起きたか分からない。あの恐怖は味わいたくない」と話す一方で、「区民も被害を受けたが、けが人がいなくてよかった」と安堵(あんど)の表情。

 同区では、災害ごみを捨てる広い場所が遠いため、公民館隣の私有地の所有者の厚意で災害ごみ置き場に使わせてもらったという。「収集に来てもらえてありがたい。ごみが片付けば少し落ち着くが、稲刈りに向け田に飛散したがれき探しが大変」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top