【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ぬくもりランチ−学校給食に地元食材

本紙掲載日:2019-09-24
8面
藤野桂児さん(左から3人目)と会話しながら給食を味わう児童

上野小中、生産者招いて食事−高千穂

 食育や地産地消の推進などにつなげようと、高千穂町の小中学校では毎月1〜3回、町産の農畜産物を使用した学校給食を提供する「ぬくもりランチ」を実施している。その日に合わせ、同町の上野小中学校(八源寺正弘校長、107人)は19日、食材を生産する農家2人を招き、一緒に食事をして交流した。

 この日は、ナス生産者の藤野桂児さん(62)=三田井=、トマト生産者の馬原真悟さん(43)=岩戸=を招待。5年生12人は藤野さんと、中学1〜3年生32人が馬原さんとナス、トマトを使ったスパゲティなどを味わった。

 児童生徒は、2人と会話をしながら食事。このうち、5年生は「どこで売っているんですか」「どのぐらいの広さで育てているのですか」などと生産している食材について質問していた。佐藤龍希さん(10)は「おいしかった。野菜がどこから来ているかが分かって勉強になった」と話した。

 藤野さんは「ナスを好きと言ってくれる人が多く、こちらも作りがいがある。自分が生産したものを食べてもらえるとうれしい」。馬原さんは「触れ合いながら食べるのは楽しい。野菜をおいしく食べてもらうことが自分らにとってのごほうび」と話した。

 ぬくもりランチへの生産者の招待は、児童生徒に地元食材への興味を持ってもらうのが狙い。今月26日は高千穂小学校、10月31日は岩戸小学校、来年1月に高千穂中学校で実施予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top