【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(51)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-10-10
8面

【平成26年1〜6月】
◇延岡学、初戦突破ならず
全日本バレーボール高校選手権大会が開幕。女子県代表の延岡学園は高松商(香川)に0―2で敗れ、初戦突破はならなかった(1月6日付)

◇海水ヤマメをブランド化
五ケ瀬町鞍岡で育った淡水魚のヤマメを巨大なサクラマスに成長させる海水養殖が延岡市で進んだ(1月8日付)。ブランド名が「みやざきサクラマス」と決まった(1月18日付)

◇首藤氏3選果たす
延岡市長選挙が行われ、現職の首藤正治氏が3選を果たした。新人2人を含む3人で争ったが、投票率は前回を15・58ポイント下回る44・68%で過去最低となった(1月27日付)

◇用水で小水力発電
農業用水を利用して発電する小水力発電所が、日之影町分城に完成した。県企業局と町がマイクロ水力発電実証試験事業で整備した(2月5日付)

◇増えるカワウ
野鳥のカワウが全国的に生息域を拡大し、県北でもアユなどへの被害が顕在化した。内水面漁協などの関係者が駆除対策に頭を痛めた(2月11日付)

◇まるで雪国
県北地方は山沿いを中心に厳しい冷え込みとなり、延岡市街地に近い速日の峰、行縢山、可愛岳などの山々もうっすらと雪化粧した(2月11日付)

◇フルーツ魚第1号
日向市のへべす消費拡大プロジェクト会議が延岡市北浦町の漁業者と取り組んでいた県産フルーツ魚の第1号「へべすぶり」が完成した(2月14日付)

◇ETOランドで積雪60センチ
延岡市北方町の速日の峰にあるETOランドの積雪が60センチに達した。平成8年のオープン以来最高となり、職員をびっくりさせた(2月17日付)

◇大雪で枝折れる
高千穂町下野の下野八幡大神社の参道にある国指定天然記念物の「下野のイチョウ」の枝が折れた。雪の重みに耐えられなかったと見られた(2月19日付)

◇さようなら、わが母校
延岡市北方町内にある小中学校5校の合同閉校式が行われ、各校の校旗が降納された。春から小中一貫校の「北方学園」として再スタートを切ることになった(2月22日付)。同市の浦城、熊野江中学校の閉校式があった。2校は統合され、熊野江中敷地内に「南浦中学校」が開校することになった(2月24日付)

◇60年に1度のご開帳
火伏せ地蔵で知られる美郷町北郷区の宇納間地蔵尊大祭が行われた。60年に1度の本尊の開帳年にあたり、3日間に例年の倍近い5万人が訪れた(2月25日付)

◇高速道ウオーク
東九州自動車道日向―都農間の開通を前に、高速道路上を歩くフリーウオーキングが行われた。家族連れなど約5千人が参加、長年の悲願だった高速道時代の到来を喜んだ(3月3日付)

◇北浦―須美江間が開通
東九州自動車道の延岡市北浦―須美江間延長6・4キロが開通した。通り初めでは、大型の冷凍車などが区間をパレードした(3月8日付)

◇ゴマシジミを守ろう
絶滅の恐れがある希少なチョウ「ゴマシジミ」が生息する草原を守ろうと、高千穂町五ケ所の住民らがワレモコウの自生地にシカなどの侵入を防ぐネットを張った(3月12日付)

◇伝説の地に十字架
メキシコ女王のひつぎと一緒に財宝が埋まっているという伝説のある延岡市島浦町の沖の小島に、住民が十字架を立てた(3月14日付)

◇高速道新時代の幕開け
東九州自動車道日向―都農間が開通し、沿線住民の悲願だった延岡―宮崎間が高速道でつながった。延岡市では約3千人が参加してちょうちん行列があり、新時代の幕開けを祝った(3月17日付)

◇埋め立て始まる
延岡市が北方町笠下に整備していた最終処分場が完成し、埋め立てを始めた。広さ約10万平方メートル。総事業費は44億5千万円(3月18日付)

◇命の道にドクターカー
宮崎大医学部付属病院は、医師や看護師が乗り込む「ドクターカー」を導入した。東九州自動車道の開通で県北部への所要時間が短縮され、救命率の向上が期待された(3月20日付)

◇水質浄化に竹炭
延岡市無鹿町の稲田排水路の水質改善を図るため、地元の人たちが250キロの竹炭を投入した。脱臭や水質浄化への効果が期待された(4月8日付)

◇インド最大手銀行と提携
宮崎銀行は、インド最大手のインドステイト銀行と業務提携した。取引先のインドにおける金融、貿易、投資などのニーズに応える狙いだった(5月1日付)

◇矢野さん、世界王者
世界マスターズベンチプレス選手権大会が行われ、延岡市の矢野秀幸さんが50歳以上の部66キロ級で世界王者に輝いた。182・5キロを挙げた(5月1日付)

◇アユ漁解禁2週間遅れ
川を遡上(そじょう)するアユが少ないことから、五ケ瀬川水系の内水面漁協でつくる管理委員会はアユ漁解禁を例年より2週間遅い6月15日とすることを決めた。同水系の解禁日延期は平成10年以来16年ぶりだった(5月9日付)

◇バスジャック、男逮捕
宮崎県内を走行中の路線バスがはさみを持った男にバスジャックされた。バスはえびの市のコンビニ駐車場に停車。県警が男を取り押さえ、監禁容疑で現行犯逮捕した。けが人はなかった(5月12日付)

◇日向市駅周辺が大賞
都市景観大賞が発表され、都市空間部門で日向市の駅周辺地区が大賞の国土交通大臣賞に選ばれた。景観教育・普及啓発部門に続く二つの部門での受賞は全国初だった(5月13日付)

◇幸運のつり輪
ハート形のつり輪を付けた宮崎交通の路線バスが運行を始めた。県内5エリア各1台にそれぞれ一つだけ。幸運のつり輪として話題を集めた(5月14日付)

◇江戸時代?の種もみ
延岡市北方町の山内康隆さんが、江戸時代に先祖が残したとみられる種もみの試験栽培に成功、育てた苗を田植えした。種もみは密閉された陶製のかめに入っていた(6月2日付)

◇長浜に特大のウミガメ
延岡市の長浜海岸で全長1・2メートル、甲羅の幅95センチという特大のアカウミガメが見つかった。野生動物研究会の会員が136個の卵を安全な場所に移し替えた(6月2日付)

◇県北に大雨、河川増水
活発な梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となり、県北を中心に激しい雨が降った。門川町を流れる五十鈴川が氾濫危険水位を超えるなど一時緊張した(6月4日付)

◇桂宮さまがご逝去
三笠宮さまの次男で、日・豪・ニュージーランド協会総裁などを務めた桂宮宜仁さまが6月8日、急性心不全のため亡くなられた。66歳だった(6月9日付)

◇日本1次リーグ敗退
サッカーのワールドカップ1次リーグ最終戦が行われ、日本はコロンビアに1―4で敗れた。1分け2敗の勝ち点1でC組最下位となり、決勝トーナメント進出を逃した(6月25日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)

その他の記事/過去の記事
page-top