【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地震、津波の心構えを−門川町の防災教室

本紙掲載日:2019-10-15
3面
非常時のサバイバル方を学ぶ参加者ら

サバイバル術も学ぶ

 門川町民や児童、生徒約100人が参加して12日、かどがわ地域防災教室が同町のクリエイティブセンター門川で開かれた。「地震はいつ来るか分からない」として、講演や体験学習を通して、津波などに対する心構えを学んだ。同町は県内で唯一、文部科学省と県教育委員会の「学校安全総合支援事業」の指定を受けており、防災教室はその一環。

 講演では、気象庁宮崎地方気象台の地震津波防災官茅野真一郎さんと防災気象官で気象予報士の渡部孝弘さんが「門川町と地震・津波」をテーマに話した。

 茅野さんはスライドも使用して地震や津波、緊急地震速報などを問題にクイズも取り入れながら分かりやすく講話。最後に、自分の身は自分で守ることの大切さを強調、「自分で考え、自分でできることから始めてほしい。寝室に倒れてきそううな物を置かないこと。寝ている時は無意識。倒れてきた物などに挟まれ動けなくなる。帰ったら、寝る部屋に倒れてきそうな物がないか見てほしい」などと呼び掛けた。講演後には質疑応答もあり、一層の理解を深めた。

 体験学習は、都城市の陸上自衛隊第43普通科連隊第4中隊(中隊長・鳥飼広之3等陸佐)の11人が「非常時のサバイバル」をテーマに講演。隊員が実践している訓練のうち、防災に役立つロープワークや応急手当、心肺蘇生法、担架作製と搬送などの基本技術を指導、体験した。

その他の記事/過去の記事
page-top