【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

天下一薪能−強い風、小望月も演出

本紙掲載日:2019-10-14
1面
能「海士」。竜女の姿となって現れた片山九郎右衛門さん演じる母と、下沖美乃莉さん演じる息子(手前右)

石垣背景に幽玄の世界へ−延岡城址二の丸広場

 第23回のべおか天下一薪能(てんがいち・たきぎのう)が12日、延岡市の延岡城址(し)二の丸広場で行われた。

 ライトアップされた幻想的な「千人殺しの石垣」を背景に、観世流能楽師シテ方の片山九郎右衛門さんらが熱演。県内外から訪れた約千人を幽玄の世界へといざなった。主催は、NPO法人のべおか天下一市民交流機構(松下宏理事長)。

 2010年(第14回)以来2回目の上演となった能「海士(あま)」は、自分の命と引き換えに息子の出世をかなえた母と、亡き母を追善供養するために訪ねてきた息子の再会の物語。竜王から玉を取り返す場面では、おどろおどろしい海底の様子や強い母の愛を、片山さんが激しい舞いで表現した。

 後半では、竜女(りゅうじょ)の姿となって現れた母が、赤頭三段之舞(あかがしらさんだんのまい)の特殊演出で登場。成仏できる喜びを美しく、さわやかに舞った。また、息子の藤原房前(ふさざき)大臣役の子方(こかた)は、同市の下沖美乃莉さん(西階中1年)が務めた。

 初上演となった能「景清(かげきよ)」は、現在の宮崎市を舞台とした物語。源平合戦に敗れて流されてきた平氏の武将・景清が一人娘と再会し、落ちぶれたわが身を恥じつつ、かつての武勇を語るさまを、片山さんが切なく勇ましく舞った。

 大蔵流狂言師の茂山七五三(しめ)さんと茂山逸平さん親子による狂言「魚説経(うおぜっきょう)」は、魚の名前尽くしの言葉遊びをおもしろがる物語で、会場の笑いを誘った。また、市内の小学4年生〜高校3年生8人による仕舞と連吟も披露された。

 午後8時前には石垣の上から、ほぼ満月の小望月(こもちづき)が姿を現し、演出に花を添えた。台風19号の影響が心配されたが、予定通り実施。強い風にあおられながらの熱演に、観客からは大きな拍手が送られた。

 片山さんは上演後「台風が接近する中、中止という言葉がちらつきましたが、出演した子どもたちをはじめ、会場設営などをボランティアで手伝ってくれた多くの中学生、高校生の頑張りが励みになりました」と話した。

 高鍋町から初めて訪れたという宮下晴彦さん(55)は、「めったにないコンディションの中、片山先生が竜のかぶり物を揺らしながら舞う姿はとても感動した。一生忘れられない日になった」と興奮冷めやらぬ様子。「初めて能を見たが、ファンになったのでまた来年も絶対来ます」。

 また、鹿児島市から訪れた60代の夫婦は5回目の観覧。「景清のお話は鹿児島にも残っている地域があり、興味があって来た。とにかく風が強かったが、それが逆に景清の雰囲気を出してて良かった。石垣をバックにやる能は全国でも他にはないのではないか。またぜひ来たい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top