【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

あくがれシニア賞−日向市

本紙掲載日:2019-10-17
3面
賞状を手に記念写真に納まる受賞者

社会に貢献、市民の模範

◆十屋市長、11人の功績たたえる

 健康で生きがいを持ち元気に生活している高齢者や、社会に貢献し市民の模範となる高齢者を日向市が表彰する「第5回ひゅうがあくがれシニア賞」の表彰式が16日、日向市役所内であり、十屋幸平市長が9人の受賞者に表彰状を手渡し功績をたたえた。

 同賞は、いつまでも元気で活動することの素晴らしさを市民と共有することを目的に2015年度に設けた。71〜101歳までの男性8人と女性3人の計11人が受賞、うち、表彰式には9人が出席した。

 受賞者は、同市に居住するおおむね70歳以上で、生き生きと生活し活躍し、地域住民のリーダーなどの役割を発揮していることなどが選考理由という。

 あいさつに立った十屋市長は「皆さま方の長年の活躍と功績に対し心から敬意を表する。それぞれの経験と知識を生かし、住み慣れた地域で、生き生き、元気に暮らしていただき、これからもまちづくりへのご協力、ご支援を」と述べた。

 受賞者を代表し道本義藤さん(79)=平岩=が「賞に恥じないようこれからもますます頑張っていきたい。市民の皆さまの力に少しでもなれたらと思っている」と決意も新たに語った。

 授賞式後には、十屋市長を囲み懇談会も行われた。

 受賞者と主な活動や功績は次の通り。

□今村正さん(83)=江良町=
長年、区の役員を務め、今年度は高齢者クラブ会長に就任。更生保護司としても20年以上活躍。百歳体操など、地域の行事にも積極的に参加。

□落合イホ子さん(77)=同=
民生委員児童委員として高齢者の見守り活動を、朝の立ち番により子どもの通学時の安全確保に貢献、区の役員としても活躍してきた。

□黒木和子さん(92)=中町=
民生委員児童委員を8期24年にわたって務め、いきいきサロン代表者や高齢者クラブ会長も歴任。更生保護司として、再犯防止活動に取り組む。

□日眸郎さん(84)=梶木町=
区長やごみ減量化推進員として地域に貢献。地区行事運営にも積極参加し、小学校から講話を依頼されるなど地域からの信頼も厚い。

□奈須ツギエさん(71)=東郷町=
現役の民生委員児童委員。高齢者の孤食や偏食を防ぐ「八重原ごはん倶楽部」を中心的に運営。高齢者の生活の質向上、健康維持に貢献。

□黒木久善さん(101)=美々津町=
EM(有用微生物群)を取り入れ、20年以上にわたり無農薬で作物を栽培。経験を生かし講演会を開くなど意欲的に取り組む。

□関口文雄さん(79)=鶴町=
区役員を務め現在は環境部長としてごみ減量化に尽力。自身の職歴を生かし地域の高齢者宅の網戸の張り替えなどの生活支援を行っている。

□柏田輝男さん(85)=日知屋=
長年、区の交通安全部長として通学児童の見守りや区民の交通安全の高揚に努、地区の神社の総代会会長としてしめ縄の技術指導にも当たる。

□檜垣好伸さん(84)=不動寺=
高齢者クラブ会長やグラウンドゴルフ愛好会の会長を歴任。カラオケクラブの会長も務め、区民に喜んでもらい、自身も楽しんでいる。

□道本義藤さん(79)=平岩=
通学児童の見守りや花壇整備、清掃活動のボランティアを立ち上げた。長年、スポーツ推進員として活動し、グラウンドゴルフなどの普及に尽力。

□植野正治さん(86)=富高=
日向市古典の会の講師として活動し、古文解釈の講義を行っている。水円短歌会の代表。歌集や詩誌の発行も行い、図書館へ寄贈も行う。

その他の記事/過去の記事
page-top