【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

威勢のいい口上に拍手

本紙掲載日:2019-10-17
3面
大人歌舞伎。写真は歌舞伎「絵本太功記二段(本能寺の場)

大人歌舞伎を奉納−日之影町

 県の無形民俗文化財に指定されている日之影町の「大人(おおひと)歌舞伎」公演が13日夜、同町岩井川の「歌舞伎の館」であり、地元の「大人歌舞伎保存会」(山本唯仁会長)が大人地区に伝わる地芝居を披露した。公演は毎年春と秋の年2回で、秋は大人神社秋祭りの奉納公演として行われている。

 保存会の約20人が出演。祝いの舞「寿三番叟」(ことぶきさんばそう)で幕を開け、舞踊や歌謡曲の演芸を挟みながら歌舞伎「絵本太功記二段(本能寺の場)」と歌舞伎「白浪五人男(浜松屋の場、稲瀬川勢揃いの場)」を披露した。

 会場には、町内外の子どもから大人まで大勢の人が訪れて、蘭丸としのぶの恋物語を交えた絵本太功記二段や、盗賊5人による威勢のいい口上などが見せ場の白浪五人男を堪能。色鮮やかな時代衣装に身を包み、堂々と演技する地元の役者に大きな拍手を送っていた。

 大人歌舞伎は九州唯一の農村歌舞伎。日之影地方一帯を治め、芝居が好きだったという三田井家の家老で中崎城主の甲斐宗摂は1595(文禄4)年に、延岡藩主高橋元種に攻められて自害した。その宗摂をしのび、地元の村人が天明年間(1781〜89年)に、芝居を演じて供養したのが始まりとされている。

その他の記事/過去の記事
page-top