【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(8)−飯干治充さん(67)高千穂町押方

本紙掲載日:2019-10-17
3面

令和元年度・第46回夕刊デイリー明るい社会賞

◆登山の安全に貢献

 「このロープは残します」「こちらは外します」。2カ月前にインターハイ登山競技が行われた高千穂町の山を登りながら各ポイントで説明した。

 1979年から約40年間、高校登山競技の県内大会や九州大会、インターハイなどに競技役員として大きく関わってきた。生徒らの安全のために整備してきた登山道は大会後も生かされ、一般登山者の安全にも貢献。山岳遭難者の捜索活動にも多く参加している。

 20代から本格的に登山を始め、気の合う仲間と「ハイキングクラブやまぼうし」を発足。長年の付き合いがある佐藤久男副代表は「本当に博識」と敬意を表す。その豊富な経験や知識から今年、本県でのインターハイ登山競技の生徒用の資料で高千穂町の歴史と地理の分野を執筆。「九州の山歩き南部編」(海鳥社刊)も執筆者の一人。

 知識や興味は、きのこといった山の植生など多岐にわたり「インターハイに参加した高校生には、樹木や野草などにも興味を持ってもらって、また楽しい登山に来てほしい」という。

 生涯、山を楽しみ、他の人にも楽しんでもらうために尽力するつもり。「人に喜んでもらうのが一番うれしい」。ほほえみつつ、そう静かに話した。

(推薦者=下村真一・県高体連登山専門部委員長、河野智也・県高体連登山専門部委員、佐藤久男・HCやまぼうし副代表)

その他の記事/過去の記事
page-top