【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

過酷な山岳コースに挑む

本紙掲載日:2019-10-17
8面
山道を駆けるランナー

九州脊梁山脈トレイルラン−五ケ瀬

◆103人が力走

 標高1000メートルを超える山々を駆け抜ける山岳マラソン大会「第10回九州脊梁(せきりょう)山脈トレイルランin五ケ瀬」がこのほど、五ケ瀬町鞍岡の波帰生活改善センター前を発着する約19キロで行われ、県内外から103人が出場、870メートルの標高差があるコースに挑んだ。

 大会は男女別39歳以下と40歳以上の4部門で争った。参加者は午前7時30分の号砲で一斉にスタート。小川岳(標高1542メートル)や、五ケ瀬ハイランドスキー場がある向坂山(同1684メートル)の尾根伝いの登山道などに設定された過酷なコースに挑んだ。

 結果、男子39歳以下の部は福迫誠さん(39)=鹿児島県指宿市=が1時間40分15秒、同40歳以上の部は藤本和秀さん(42)=熊本県山都町=が1時間58分27秒、女子39歳以下の部は今村薫さん(34)=熊本県大津町=が2時間45分14秒、同40歳以上の部は三宅修子さん(43)=宮崎市=が2時間32分54秒で優勝した。

 また、特別賞として大阪市から参加の桑田直樹さん(46)に遠方者賞、熊本県八代市から参加の田中栄さん(68)に最高齢者賞を贈ったほか、10回連続出場の川野道弘さん(67)=大分県佐伯市=、藤久保宗文さん(64)=鹿児島市=を表彰した。

 各部門の2、3位は次の通り。

【男子】
▽39歳以下の部
≪憩三平(熊本県津奈木町)2時間0分22秒9藤啓祐(大分市)2時間17分36秒

▽40歳以上の部
堅田真一(山口県岩国市)2時間2分41秒D降径拱紂癖_県大野城市)2時間5分8秒

【女子】
▽39歳以下の部
井上倫子(熊本市)3時間0分46秒水田慶美(福岡県大牟田市)4時間30分52秒

▽40歳以上の部
中野順子(熊本県大津町)2時間45分13秒9暖綮吠罅癖_市)2時間56分43秒

その他の記事/過去の記事
page-top