【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

サーフィン事故防止へ−日向市

本紙掲載日:2019-11-08
3面
サーファーなどの海岸利用に対する安全対策連絡会

関係機関が安全対策協議

◆海外には「禁止看板」も

 県内でサーファーによる海難事故が相次いでいることを受け、日向市は5日、サーファーなどの海岸利用に対する安全対策連絡会を開いた。地元サーファーや警察、消防など関係者らが出席して事故防止に向け、意見を交わした。

 日向市では今年、お倉ケ浜海岸と伊勢ケ浜海岸で2件の海難事故が発生。2人が死亡し、1人が現在も行方不明になっている。サーフィンを軸にした観光振興に取り組んでいる同市では、事故原因の追及と再発防止の検討が重要であるとして安全対策連絡会を開催した。

 会には、市内のサーフショップ代表や市サーフィン連盟、日向ライフセービングクラブ、市小型船舶安全会、日向海上保安署、日向署、消防本部などから17人が集まった。

 市観光交流課長山尚広課長があいさつし、「実務者レベルの関係者に集まってもらった。意見を交わし、安全対策に生かしたい」と呼び掛けた。

 会では、それぞれに自己紹介を行った後、今年県内で発生したサーファーによる水難事故の概要説明があった。

 それによると、8人の海難者のうち5人は県外(1人は不明)。発見時、5人はサーフボードを体から離れないようにつなぎ止める「リーシュ(コード)」を付けていたが、4人のコードは切れていた。コードが切れた4人は死亡。切れていなかった1人は、発見時に意識は無かったがその後回復した、などと報告があった。

 それを受け、出席者はそれぞれの立場から意見。日向市サーフィン連盟の甲斐俊作理事長によると、「サーファーがきつい思い(身の危険を感じた)をした時というのは、大半がリーシュが切れてしまった時であり、リーシュの使用期限などはなく、手入れや保管方法も知らない人がいる」と実情を伝えた。

 また、荒天時にサーフィンをさせるのかどうかについて、サーフショップSEEDS(同市平岩)の疋田衆一代表は「行政は観光の一つとして考えているから(判断が)緩い。海外には遊泳禁止と同様に『サーフィン禁止』の看板もある」と指摘した。

 PWSの吉田康徳代表(同)は「今はネットで気軽に(リーシュなどを)買える時代。私たちは(その注意点を)店のホームページに掲載したり、来店してくれた人への注意など対応できるが、人数は限られている」と周知の難しさを訴えた。

 悪天候時の対応について、「レッドフラッグを立てて周知を図るのはどうか」「では、フラッグの判断は誰がするのか」「SNSなどでリーシュが切れて亡くなっていることを拡散しては」「リーシュだけでの問題ではなく、体調不良も関係する」などと意見が出た。

 警察や海保は「気象が悪い時はパトロールを行う」「各種会合で注意喚起できる」「制服を着ている私たちの巡視で(悪天候時は)自粛してもらえるなら積極的に回りたい」と連携して取り組むなどといった姿勢を示した。

 会議後、長山課長は「サーフタウンとして取り組む日向市として、事故検証は重要。サーファー一人一人が基本に戻って考えていくこと、また、新しくサーフィンを始めた人たちに楽しさとともに自然の怖さも伝えていかなくてはいけない。今後も周知方法を考えていきたい」と話した。

 市では現在、市のホームページとサーフ情報を掲載している「ヒュー日向」のネット上で、「海を安全に楽しむためのお願い」としてリーシュコードの着用や離岸流への注意などを呼び掛け。お倉ケ浜、伊勢ケ浜、金ケ浜のビーチハウスには注意書きがされたポスターを掲示している。今後、3カ所のビーチハウスに固定看板の設置も行うという。

その他の記事/過去の記事
page-top