【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大賞は岸本さん(大分市)

本紙掲載日:2019-11-11
3面

青の国若山牧水短歌大会−日向市

◆5部門に3643首

 日向市は8日、全国から短歌作品を募集した「第9回青の国若山牧水短歌大会」の入賞作品を発表した。青の国短歌大賞は大分市の岸本恵美さんが詠んだ「自転車のかごに世界の産声を満たして走る新聞少年」。県北からは高校生の部で高千穂高校2年の橋本怜さんの作品「命とはどの言葉よりむなしくてある日突然重さに気づく」が最優秀賞に輝いた。

 大会は小学生、中学生、高校生、一般の部自由題、同題詠「歩」の5部門で作品を募った。応募数は小学生の部が637首(県内17校)、中学生の部1269首(同18校)、高校生の部710首(同12校)、一般の部(自由題)524首、同(題詠「歩」)503首の5部門合わせて3643首。
全部門を通じた青の国短歌大賞をはじめ、各部門で最優秀賞、優秀賞、優良賞、佳作の入選作が決まった。

 表彰式は12月22日午後1時から、市中央公民館で行われる。表彰式後の同2時30分からは一般市民による短歌バトル「第7回マスターズ短歌甲子園」も計画されている。

 各部門の入賞者は次の通り(優良賞以上)。

【青の国短歌大賞】
岸本恵美(大分)

【一般の部(自由題)】
最優秀賞=金澤諒和(大分)▽優秀賞=大野美波(埼玉)久保田聡(神奈川)▽優良賞=田原帶刀(日向市)丸山勝也(愛知)鈴木睦代(日向市)

【一般の部(題詠「歩」)】
最優秀賞=金子歩美(群馬)▽優秀賞=大賀康男(愛媛)山本明(千葉)▽優良賞=木田昨年(福岡)太田省三(大阪)田上嘉尋(宮崎市)

【小学生の部】
最優秀賞=門田藍子(新富町・富田3)▽優秀賞=江藤銀(美郷南学園2)黒木蒼天(大王谷学園4)▽優良賞=池澤芽生(美々津5)川口美水姫(美郷南学園6)前田仁(宮崎市・内海1)

【中学生の部】
最優秀賞=遊亀生琉(新富町・富田2)▽優秀賞=長友翔舞(西都市・都於郡2)赤木謙心(北川3)▽優良賞=竹之内玲子(宮崎西付属1)小山正則(同2)菊池颯太郎(東郷学園1)

【高校生の部】
最優秀賞=橋本怜(高千穂2)▽優秀賞=甲斐輝(日向工業3)船ケ山明里(宮崎商業3)▽優良賞=石川絢子(宮崎西1)伊東さな(宮崎西1)稗島由花(宮崎商業3)

その他の記事/過去の記事
page-top