【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡で農家民泊、文化楽しむ

本紙掲載日:2019-11-13
7面
宿泊先で家庭料理を堪能(提供写真)
城山かぐらまつりで餅をまく留学生

大分大の留学生「また来たい」

 大分県にある大分大学の留学生21人が9、10日、延岡市を訪れ、今山大師での座禅や城山かぐらまつりの見学を通して、同市の文化の魅力に触れた。

 農家民泊をインバウンド(訪日外国人)誘致やリピーター創出の軸にした、同市の事業の一環で来延。中国やイギリスなど9カ国・地域の学生が参加した。

 留学生は、延岡ふるさとツーリズム協議会に加盟する市内の6農家宅に宿泊。それぞれが、宿泊先の住民と円卓やこたつを囲んで家庭料理を堪能した。

 今山大師での座禅、延岡茶道連盟の渡邊宗正会長宅での茶道、北方町にあるまりちゃん農園でのミカン狩りも体験。このほか、あゆやなや城山かぐらまつりも見学した。

 イギリス出身のマッケイブ・ジェームズさん(20)は「全てが新鮮だったが、特に座禅が楽しかった。もう一度、延岡に来たい」と満足した様子。

 香港出身のチン・カルメンさん(21)は「素晴らしい体験をさせてもらった。魚はあまり好きではなかったが、アユはおいしくて全部食べることができた。もう一度食べたい」と話していた。

◆農家・漁家18軒が加盟

 同協議会によると、現在民泊先として加盟している農家・漁家は18軒。昨年は約300件の利用があったという。また、加盟も募っている。問い合わせ先は市観光戦略課(箟箍34・7833)。

その他の記事/過去の記事
page-top