【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大久保(66キロ)、盒供複牽吋ロ)、関野(100キロ超級)準V

本紙掲載日:2019-11-15
11面
九州新人大会で入賞した延岡学園の大久保、長澤、関野、盒供丙犬ら)

第23回九州高校新人柔道大会

◆延学勢が活躍、長澤(100キロ級)3位

 第23回九州高校新人柔道大会は9、10日、宮崎市の県武道館であり、男子の延岡学園勢が活躍。個人戦で、66キロ級の大久保竜之介、81キロ級の盒粁杪析此■隠娃哀ロ超級の関野恵太郎が準優勝し、100キロ級の長澤樹が3位となった。団体戦は8強だった。主催は九州柔道協会。

 大会は9日に男女団体戦、10日に男女各7階級の個人戦を実施し、九州各県の予選を勝ち抜いた団体・個人が出場した。

 今夏のインターハイ8強の大久保は初戦、内股を足掛かりにわずか33秒で合わせ技一本を奪うと、2回戦は大腰で、準決勝は内股で一本勝ち。他を圧倒して駒を進めたが、決勝は今春の全国3位の選手に延長の末、惜しくも敗れた。

 関野は一本勝ちこそなかったものの、常に試合を優位に進めて勝ち上がった。1回戦を指導二つで僅差勝ちすると、2回戦は技ありで優勢勝ち。準決勝も指導二つで僅差勝ちした。決勝は指導2を取られて制限時間を迎えた。

 1年生の盒兇錬臆鸚錣六愼械海鮹イ辰独紳Ь,繊■渦鸚錣判犒莨,鷲埓鐓,之莨,泙脳,曽紊った。長澤は1、2回戦、いずれもゴールデンスコアで勝利するなど粘り強さが光り、入賞を果たした。

 佐藤嘉剛監督は団体の結果にも触れながら、「まだまだな面はあるが、今回の結果をそれなりの自信にしてやっていってもらいたい。勝ちへの執念が足りない部分が多い。本気で上を目指したという気持ちが出てくれば、全国でも勝てる可能性は十分ある」と話し、まずは来年1月の全国選抜大会県予選へ視線を向けた。


◇力不足を痛感−大久保(66キロ級2位)
「優勝を狙っていたので悔しい。決勝は奥襟を取られて何もできなかった。そこを取られないように気を付けないといけなかった。決勝まではうまく勝ち上がることができたが、力不足を痛感した。できるだけ早く組んで、早く技を仕掛けられるようにしたい」

◇一本取れる技を−関野(100キロ超級2位)
「思った以上に勝ち上がれたが、力が足りないと感じた。早く攻められたのは良かったが、ポイントを取った後に守りに入ってしまった。一本を取れる技を身に付け、最後まで一本を取りにいくようにならなければいけない」

◇寝技の強化が課題−盒供複牽吋ロ級2位)
「決勝は同じ1年生を相手に一本負けしてしまった。練習が足りなかった、弱かった。練習してきた内股を試せたのは良かったが、決勝は集中力が切れていた。そこと寝技の強化が課題。練習するしかない」

◇状況に応じた柔道を−長澤(100キロ級3位)
「まだまだ上を目指せると感じた。2回戦以降は、足技で相手を崩していくという自分の柔道スタイルを徹底できたが、1回戦は全然集中できていなかった。頭を使った状況に応じた柔道を目指す」

その他の記事/過去の記事
page-top