【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさとの「ゆたかさ」学ぶ

本紙掲載日:2019-12-20
6面
佐藤さん(右)の話を聞く児童
グループに分かれて意見を出し合う児童

高千穂町の上野小6年生

◆発信と町長へのプレゼンが目標

 高千穂町の上野小学校(八源寺正弘校長)6年生10人は今年度、総合的な学習の時間にふるさと学習を行っている。国語の時間にも町の幸福論や町おこしについて考え、学ぶ時間を設けており、最後にはふるさと高千穂の良さを発信し、甲斐宗之町長にプレゼンテーションすることを目標にしている。

 このうち11月29日には、県が県民との意見交換やアンケート調査、全国的な統計データを基に作成している「ゆたかさ指標」を活用した授業を行った。

 まず、児童は3、4人ずつのグループに分かれて、「自然が豊か」「友達がいる」「神楽」など自分たちの考える高千穂の良さを付箋に書いて大きな紙に貼り、「自然」「人間関係」などに分類して発表した。

 担任の田香織教諭は、ゆたかさ指標の「自然のゆたかさ」「人を育む力のゆたかさ」で高千穂町が全国1位であることを紹介。

 また、同町がエリアに含まれている世界農業遺産に関わっている同町役場勤務の田友教さんや町内で畜産業をしている佐藤孝輔さんが話をした。児童たちは、町や畜産業の課題、働くことの楽しさ、地域への思いなどについて質問したり、自分の意見を発表したりしながら理解を深め、新しい視点を発見していった。

 安在美結さん(12)は「最初は見える物の豊かさだけを〃ゆたかさ〃だと思っていたけれど、2人の話を聞いて目には見えないゆたかさもあると感じた」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top