【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

風速55メートル、JEF2に該当

本紙掲載日:2019-12-21
1面
突風で飛ばされたコンテナ。鉄塔も折れ曲がった(9月22日午前11時すぎ、JR延岡駅構内)

宮崎地方気象台・強さ引き上げ−延岡の竜巻

 宮崎地方気象台は20日、延岡市で9月22日に発生した竜巻について、「突風の強さは風速約55メートルと推定され、日本版改良藤田スケールでJEF2に該当する」との現地災害調査報告を公表した。電柱が基部で折損していたことから、9月23日に速報した「JEF1」から1階級引き上げられた。

 同気象台は9月22、23日、気象庁機動調査班として職員を被災現場に派遣し、現地状況の確認や住民への聞き取りを実施。突風をもたらした現象を「竜巻」と認め、風速を約50メートルと推定していた。

 竜巻は午前8時30分に同市平原町で発生し、北へ移動。被害範囲の長さは約8・2キロ、幅は約400メートルだった。発生当時は台風17号周辺の湿った空気が県内に流れ込み、大気の状態が不安定で、活発な積乱雲が被害発生地域付近を北方向に通過していたという。

 藤田スケールは、被害の状況から突風の強さを評定する指標。世界で広く用いられているが、米国で考案されたもので、日本の建築物に対応していなかった。このため、同スケールを改良した日本版を2015年に策定した。

 日本版はJEF0〜5まで6階級あり、JEF2は上から4番目の強さ。風速53〜66メートルで、鉄骨造り倉庫の屋根ふき材が飛散したり、普通自動車(ワンボックス)や大型自動車が横転、鉄筋コンクリート製の電柱が折損するほどの強さとされている。

 06年9月17日に延岡市を襲った竜巻は、藤田スケールで上から4番目の「F2」(風速50〜69メートル)だった。

その他の記事/過去の記事
page-top