【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

決勝を高校生がジャッジ

本紙掲載日:2020-01-10
11面
高校の部決勝で審判員を務めた(左から)廣瀬さん、佐藤さん、山本さん

第45回延岡市サッカー選手権・話題

◆「責任重いが、やりがいある」

 高校の部決勝では、主審を五ケ瀬中等教育学校6年の佐藤将真さん(18)、副審を聖心ウルスラ学園高校2年の廣瀬慶佑さん(17)、延岡星雲高1年の山本青波さん(16)が務めた。

 3級審判員の佐藤さんは、県サッカー協会が2026年国民スポーツ大会(現国体、23年から名称変更)宮崎開催を見据え、開講しているレフェリーアカデミーの研修生。昨年から講義や実技指導を受け、2月には2級への試験を控える。

 小学1年生の時にサッカーを始め、「ずっとサッカーに携わりたい」と審判員を目指すことを決意。昨年の全国高校選手権県大会1、2回戦や県高校1年生大会決勝など公式戦で主審や副審を経験してきた。「審判員として高いレベルを目指せば、上のレベルの試合を見ることができる。責任は重いが、その分やりがいがある」と話す。

 廣瀬さんは中学3年生だった18年3月から審判を学び始め、現在は3級の資格を持つ。昨年は全国高校選手権県大会1、2回戦などで副審を務め、今回の市選手権では中学の部決勝で主審を任された。「プレーしている時は審判に文句を言うことがあったけど、審判を勉強してみたら、不満だった点も今では納得」と苦笑い。今では「(審判員として)できる限り上を目指したい」と意気込む。

 山本さんは高校進学後に審判員を目指し始め、現在は4級の資格を持つ。「向洋のコーチをしている父から勧められたのがきっかけ。自分の位置から見えないプレーもあるので難しい。高校生のうちに3級を目指したい」と抱負を語った。

 J1などJリーグで審判を務める1級審判員の和角敏之さん(46)=日向市在住=は、「夢を持って頑張ってもらいたい。審判員が増えれば、県内のサッカーにも好影響が出て活発化するのではないか。若い人が競争して、いい審判員が出てくれれば」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top