【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

85〜95歳、35人が和やかに

本紙掲載日:2020-02-10
6面

第36回日向藤蔭会−延高女同窓会

◆針供養の日に日向藤蔭会−母校の伝統忘れず

 県立延岡高等女学校を卒業した日向市在住者の集い「第36回日向藤蔭会」が8日、同市原町の喜重会館であった。同校の伝統だった「針供養」の日に毎年行っている。広島県や延岡市、高千穂町在住者を含む85歳から95歳までの35人が参加して楽しいひとときを過ごした。

 開会の言葉の後に、参加者全員で校歌を斉唱。物故者に対し黙とうをささげた。第1回から世話係を務める黒木和子さん(37回生)は「口の運動をして楽しく過ごしましょう」と呼び掛けた。

 延岡市から出席した寺原八千代・藤蔭会会長(37回生)は再会を喜びながら、「藤蔭会会員は徐々に少なくなってきているが、(後身の延岡高校の同窓会)園遊会はどんどん増えている。園遊会に行くと私たちをとても歓迎してくれる。ここにいるヤングの方々も家にとどまらず、いろいろな会に参加してほしい」と呼び掛けた。

 最も〃ヤング〃な44回生、西田雪子・藤蔭会副会長の音頭で乾杯。食事をしながら近況報告をしたり、昔話に花を咲かせたりした。

 アトラクションでは、黒木さんとともに日向藤蔭会の世話係を務める大野絹代さん(44回生)が、「吉田松陰」の音楽に合わせて踊りを披露した。

その他の記事/過去の記事
page-top