【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

こばと保育園(延岡)が優良園受賞

本紙掲載日:2020-02-10
7面
「優良園」に選ばれた論文を書いたこばと保育園の職員

ソニー「保育実践論文」

◆テーマは「科学する心を育てる」

 延岡市大武町のこばと保育園(眦腑泪汽莟狡后砲蓮公益財団法人ソニー教育財団が全国の保育園や幼稚園を対象に募った「2019年度保育実践論文」で優良園に選ばれた。県内からの入賞は同園のみ。

 同論文は、好奇心や探究心など〃科学する心〃を育てる環境づくりを応援する「ソニー幼児教育支援プログラム」として毎年募集。応募園は、「科学する心を育てる」という視点から日々の保育を考察して文書化。論文は大学教授らが審査し、順位に応じた教育助成金が贈られる。

 今回は過去最多の153件の応募があり、こばと保育園はこのうち13園が選ばれる優良園(助成金10万円)となった。

 同園は、年少児から年長児までが磁石や竹などを使って遊ぶ中で、さまざまな発見をし、遊びを発展させていった五つの事例を紹介し、科学する心の要素を「探究心、想像力、忍耐力、応用力」と定義。これらに「気付く力」と「考える力」が加わることで、科学する心が大きく育つと考察した。安藤保子副園長ら10人が執筆した。

 審査員からは「科学する心への理解を深めている」「他園の参考になる取り組み」などと評価された。

 同園はこれまで優秀園と奨励園にも選ばれており、入賞は3回目。同財団が教育助成開始60周年を記念して、応募回数が多い幼稚園や保育園など約20施設に贈る感謝状と特別助成金(5万円)も受けた。

 安藤副園長らは「論文を書くのは大変だが、その過程は子どもたちとの関わり方を見直す良い機会になっている」と振り返り、受賞については「保育という職業は客観的に評価されることが少ないので、とても励みになる」と喜んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top