【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

千徳酒造、蔵開き盛況

本紙掲載日:2020-02-19
2面
人気を集めた酒かすの詰め放題コーナー
長い行列ができたマグロの刺し身振る舞い

仕込み蔵開放−限定酒販売も

 県内唯一の日本酒専門蔵、千徳酒造(門田賢士社長)の「第20回蔵開き」は16日、延岡市大瀬町の同社であり、家族連れなど多くの人出でにぎわった。

 仕込み蔵を開放した見学コースでは、杜氏(とうじ)らが酒米の蒸し、仕込み、発酵などの工程を説明しながら案内。人気の酒かす詰め放題には約500キロが用意され、30秒の制限時間に酒かすの塊を相手に奮闘する人たちの姿が見られた。また、蔵開き限定酒(千本)販売には「今年のできはどうか」と楽しみにしていた人たちが並んだ。

 正午に合わせて杜氏を兼ねる門田社長があいさつ。「今季の酒造りも順調に進んでおり、3月いっぱいで終了する見込み。きょうは一日楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 この日は20回記念特別企画としてカツオの解体ショーが予定されていたが、思うような大きさのカツオが確保できなかったため、あえなく中止に。代わって、急きょマグロの刺し身が振る舞われ、お酒と一緒に楽しむ人も多かった。このほか、同社の米こうじと県産牛乳を使った「牛乳あまざけ」、虎彦の「千徳酒饅頭(まんじゅう)」、おがわ饅頭の「千徳餅」、農産物・海産物を販売する出店、同社のお酒などが当たる空くじなしのお楽しみ抽選会もあり、訪れた人たちを楽しませていた。

その他の記事/過去の記事
page-top