【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

春の堤防に出掛けよう

本紙掲載日:2020-02-20
7面

花、食、多彩なイベント−22〜24日、延岡花物語このはなウォーク

◆初の3日間開催−日向、門川、大分のグルメも
 日豊経済圏サミット同時開催

 梅、菜の花、桜、ツバキ―早春の花々を楽しむ「延岡花物語2020」のメインイベント「このはなウォーク」は22〜24日、延岡市野地町および古川町の五ケ瀬川堤防や河川敷で開かれる。毎年注目を集める「花絵とかざぐるまアート」、ステージイベント、バスツアーなどの企画がめじろ押し。今年は「日豊経済圏交流サミット」が同時開催されることから、「のべおかうまいもの市」と並んで同圏のグルメもずらり。春の花と共に多彩なイベント、地元の〃食〃が来場者を迎える。

◇22〜24日
【のべおかうまいもの市】(古川町側)
辛麺、天下鶏、宮崎牛、浜焼き、のべおか三蔵(みつくら)の清酒、焼酎、クラフトビールなど延岡を代表する〃うまいもの〃が勢ぞろい。特設焼き台で気軽にバーベキューを楽しむことができる。今年は「日豊経済圏交流サミット」(同経済圏開発促進協議会主催)が同時開催されることから、日向市、門川町、大分県の佐伯市、津久見市、臼杵市の7店舗・団体も出店する。

【花絵とかざぐるまアート】(野地町側)
市内の中学生が作った風車約3000本が、堤防約150メートル間の斜面に「NOBE・HANA・MONO・020」の文字を描く。今年は強風にも耐えられるようにと羽根部分を補強。赤い風車が堤防を鮮やかに彩る。

【野だて】(野地町側)
河津桜と菜の花が咲く堤防の上で、延岡茶道連盟が本格的な抹茶を提供する。1服300円(お菓子付き)。

【人力車乗車体験】(野地町側)
1人100円。人力車に乗って会場を巡り、いつもと違った視点で菜の花や桜を観賞できる。期間中は、午前と午後1回ずつコノハナサクヤヒメが乗車し、写真撮影に応じる。

【木の遊具コーナー】(野地町側)
小さな木製パーツを積む「パラパラ積み木」や「木球プール」などで遊べる。無料。木工体験スペースもある。

【コットンワークショップ】(野地町側)
コットンを使ったリースや花束作りを体験できる。体験料は、リース500円、花束300円。

【クラシックトレイン】(野地町側)
クラシックな見た目が人気のミニトレインで、会場を巡る。乗車料金は、1人300円、親子2人500円(1回最大12人)。1周約5分の巡行で延岡花物語、このはなウォークの見どころなどを紹介する。天候により運行できない場合もある。

【巨大ふわふわ「シーパラダイス」】(野地町側)
最大20人が同時に遊べる巨大ふわふわドームが登場。1人300円(10分)。

【親子で遊ぼう!延ママ広場】(野地町側)
市内在住のアクセサリー作家の母親たちによるアクセサリー販売やワークショップなど。ワークショップは500円程度の参加費が必要で、メニューは▽22〜24日=アロマバスボム、ハイパースライム、万華鏡作り、スーパーボールすくい▽23、24日=花のリース、くるみボタンのヘアゴム、キッズアクセサリー作り。

【種だんご作成ワークショップ】(野地町側)
地道な種まき作業を楽しみながらできると話題の「種だんご」の作り方を学ぶ。無料。

◇22日のみ
【「寄せ植えを楽しもう」講習会】(野地町側、午前11時、午後2時の2回予定)
全国各地で園芸の魅力を伝えている〃寄せ植え王子〃こと富田英明さんによる寄せ植え講習。定員は1回25人。参加費は2500円(税込み)。

◇23日のみ
【「多肉植物寄せ植え」講習会】(野地町側、午前11時、午後2時の2回予定)
市内を中心にハンギングバスケット、ガーデニングなど花や緑の普及活動をしている「フローリスト延岡」のメンバーが多肉植物の寄せ植えをレクチャーする。定員は1回25人。参加費は1100円(税込み)。

◇24日のみ
【花のプレゼント】(野地町側イオンブース)
堤防を彩った花文字で使用した花をプレゼントする。先着200人に1人1ケース(28ポット入り)を渡す。当日は午前10時からイオンブースで整理券を配布。受け渡しは午後1時から。

◆東亜樹さん、ヒムカイザー初出演−ステージプログラム

 地元の子どもたちが伝統芸能やダンスなどを披露するほか、国内外数々の歌謡大会で優勝している小学6年生の〃天才歌姫〃東亜樹さん(愛知県出身)ら歌い手、花物語初登場のご当地ヒーロー「天尊降臨ヒムカイザー」らが出演し、3日間を大いに盛り上げる。演目は次の通り。

【22日】
▽オープニング(午前9時15分)=書道ガールズ、行縢臼太鼓踊り、餅まき大会、女花みこし
▽日豊経済圏ゲストステージ(同10時55分)=津久見扇子踊り
▽子ども芸能ステージ(同11時30分)=なるたき保育園、わかたけ保育園、かわなか保育園、たちばな保育園
▽のべおか歌謡ステージ(午後1時)=押方ミナ、NONON、MIHOwithKI団、HIJIRI
▽スペシャルゲストステージ(同3時)=東亜樹

【23日】
▽のべおか伝統芸能ステージ=女花みこし(午前10時)、和太鼓競演会(あゆっこ隊、雲海太鼓、和太鼓道場巴塾、龍潮太鼓鼓衆=同10時5分)、天尊降臨ヒムカイザーショー(正午)、女花みこし(午後0時45分)、じっとしちゃお連(同50分)、東亜樹ステージ(同1時)、PerformingArtsDOC(同1時30分)、城山神楽まつり実行委員会(同2時)、天尊降臨ヒムカイザーショー(同3時)

【24日】
▽のべおか春爛漫(らんまん)!ミュージックステージ=うなまエイサー琉星會(午前10時)、藤崎みくり(同30分)、みやざき犬ステージショー(同11時)、延岡少年少女合唱団(同30分)、おだや加奈子ステージショー(正午)、東海小学校吹奏楽部(午後1時)、延岡商業高校吹奏楽部(同30分)、スタジオコスモ(同2時)、おだや加奈子ステージショー(同3時)

※初日のオープニング(書道ガールズ)は、当初の計画より30分早まった。


◆西郷さんに会えるツアー会場発着

【西郷(せご)どんとニニギノミコトの時空を超えた「出会いの聖地探訪バスツアー」】(22〜24日)

西郷隆盛宿陣跡資料館などゆかりの地を巡る。参加無料。五ケ瀬川左岸のバス駐車場付近で、当日参加を受け付ける。出発時間は▽22日=午後1時30分▽23日=午前10時、午後1時30分▽24日=午前10時。定員は各回20人(先着順)。所要時間約100分。
1877年8月、和田越での決戦に敗れた薩摩軍は、北川町俵野まで退き、西郷は児玉熊四郎方に宿陣。政府軍は1発の大砲も銃弾も撃ち込まなかった。現在資料館となっている児玉邸の背後にはニニギノミコトの御陵があり、まさに、西郷隆盛とニニギノミコトとの『時空を超えた出会い』が西南戦争最後の決戦から西郷を救ったとされる。
延岡ガイド・ボランティアの会(九鬼勉会長)の会員が案内する。西郷さんのそっくりさん「なりきり西郷どん」も同行して盛り上げる。さらに、期間中は西郷隆盛のひ孫で延岡観光大使も務める西郷隆夫さん(鹿児島市在住)が、同資料館で一行を出迎える。


◆夕暮れとのコラボ楽しんで−22、23日菜の花と桜をライトアップ

 22、23日の夜に実施される「桜花灯りの展示」。約700本のペットボトルキャンドルとライトアップによって、このはなウォークの会場が、昼間とは違った幻想的な雰囲気を見せる。今回から本格実施となるイベントで、主体となる「のべおか彩(いろどり)の会」(盒驚乕Р馗后砲蓮屬爾勸貪抔に来てください」と呼び掛けている。

 ライトアップされるのは、菜の花と河津桜が咲く野地町側の五ケ瀬川堤防(愛称コノハナロード)の小屋があるエリア。100メートル超の区間にキャンドルを並べ、桜はLEDライトで照らす。昨年、試験的に行ったところ好評で、今年はさらにバージョンアップするという。

 キャンドルは昨年より100本増やし、さらに並べ方を工夫することでより幻想的に。午後5時から点火するため、徐々に変化していく夕暮れの景色とのコラボレーションも見どころの一つとなりそうだ。

 同会事務局長の山洋さんは「昼間とは違った幻想的な花と光のコラボレーションをぜひ楽しんで」、有馬末子さんも「とてもきれいです。一度見てください」と話している。

 ライトアップは22、23の両日とも午後5時から8時まで。松山橋南詰めの下流側の堤防に駐車場を設ける。


◆会場で待っています−コノハナサクヤヒメとニニギノミコト

 会場には22〜24日、コノハナサクヤヒメとニニギノミコトが訪れ、来場者と触れ合う。のべおか若鮎レディの3人がコノハナサクヤヒメ役を、地元青年3人がニニギノミコト役を、それぞれ交代で務める。

 本番を控えて衣装合わせに臨んだのは、川野遥香さん(21)と市内在住の専門学生早瀬健志さん(19)。

 大貫町の美容室「美鈴館」で約2時間をかけて着付け、メークを済ませた後、会場を下見した。川野さんは「振り袖とは違った華やかさ」。早瀬さんは「ふだん着ることのないものなので、新鮮な気持ち」とにっこり。

 衣装製作や着付けを担当した美鈴館の豊田まつえさん(県美容業生活衛生同業組合延岡支部長)は「花物語は大勢の人が力を合わせて成り立っているイベント。精いっぱい協力させてもらった」と話した。

 期間中、コノハナサクヤヒメとニニギノミコトは、人力車で会場を巡り、来場者との記念写真撮影に応じる。

その他の記事/過去の記事
page-top